fc2ブログ

記事一覧

GoldenTips アルナーチャルプラデーシュ2020SF White Succulence Silver Tips

GoldenTips アルナーチャルプラデーシュ2020セカンドフラッシュ ホワイトサキュレンス シルバーティップス
価格:28.91ドル/40g タイプ:リーフ 評価:★7




GoldenTips アルナーチャルプラデーシュ2020SF White Succulence Silver Tips
商品説明:
正体はアルナーチャルプラデーシュ・Donyi Polo茶園のセカンドフラッシュ。まろやかな甘味と酸味が、植物感と共に舌を刺激する。非常に繊細なホワイトティー。



今回のお茶は、GoldenTipsの珍茶ですね。こういうのを見ると、特に好みでなくとも、自然と飲みたくなるのだ。

日本語名などあるわけもない、マイナー産地アルナーチャルプラデーシュ州の無名茶園ですね。マイナー過ぎて調べてもカルト宗教の方が出てくる始末……。ドニィ・ポロとは、現地の言葉で太陽と月を表す言葉、ノリとしてはジュンチヤバリ(月茶園)と変わりませんね。お茶関係は本当に月が好きだねぇ!
銘は「白い多汁」……意味は分かるような分からんような。恐らく瑞々しい白茶くらいの意味かな?



GoldenTips アルナーチャルプラデーシュ2020SF White Succulence Silver Tips1



茶葉はこんな感じ。あら可愛い。正にシルバーティップスですね!
抽出は2パターン。
茶葉は2g量り取り、湯量150mL、95度で5分蒸らしの紅茶風。
茶葉は1g量り取り、湯量50mL、80度で多煎抽出。1煎目は3分、以降1分ずつ増やしました。



〇紅茶風
[香り]
トップノートは穀物のニュアンスを帯びた、新芽のパフューム。貝のだし汁のような潮気のある旨さが香り、ほのかにトロピカルフルーツのようなニュアンスが残る。

[味]
風味はわずかな山菜。
口に含むととろりとした口当たり。塩味メインの強い甘味と旨味を感じ、ドライなエッジが続く。ミドルではシャープな酸味と共にジリジリとした旨味が感じられる。果実味のあるフィニッシュ。余韻にはじんわりとしたミネラル感と米のような甘みが残る。



〇多煎抽出
・1煎目:抽出時間3分
ほのかな潮の香り。
風味はスイカのような水っぽく青いフルーツ感。
口に含むと甘いミネラルウォーターという印象。口当たりははじめまろやかだが、ドライな塩味が入る。ミドルで塩味とともに強い甘味を感じてフィニッシュ。余韻にはスパイシーなミネラル感が残る。

・2煎目:抽出時間4分
香りは甘いハチミツ。弱い若葉のグリニッシュさ。
口当たりはまろやか。舌の端にピリピリとしたジューシーな旨味のアタックを感じ、甘味を伴う塩味が感じられる。ドライでスパイシーな刺激でフィニッシュ。余韻にはミネラルの甘みが残る。

・3煎目:抽出時間5分
香りは弱い花蜜とほのかな穀物の香ばしさ。
口に含むとまろやかな甘み。主張は弱く、ほのかな塩味を感じる程度。舌の上にスパイシーなアタックが残る。





いい質じゃん!




買っておいてなんですが、私はシルバーティップスがあまり得意ではありません。好き嫌いというより、見た目は良いですが味がスカスカ&工程に不備があって不味いものばかりな印象で……。
というわけで、完全に怖いもの見たさ&変な産地のお茶故のチャレンジでしたが……いや、結構やりますね!

全体的に「ティップスで~すっ!」と言わんばかりの魚介・山菜・新芽感が強いものの、変な青臭さやコゲ等のネガティブ要素はなし。その上で花とフルーティーさがそこそこあります。また、味は結構強め。中国茶というには棘が強いですが、充分に厚みのある味わいで甘味や旨味が豊富。普通にイケるインドのシルバーティップス紅茶という印象です。
ここまでのレベルのお茶を作る茶園が完全に埋もれているとは……驚いちゃいましたね!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れたシングルオリジンのダージリン・和紅茶のレビュー。緑茶や烏龍茶、フレーバードなどお茶であれば産地・製法・価格問わず紹介しています。
様々なお茶が手元に来るので、余剰があればお分けすることもできます。
Youtubeもちょっとやってみようと思います。

ブログの更新は毎日昼の12時。
何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: