fc2ブログ

記事一覧

ロンネフェルト イングリッシュブレックファーストセントジェームス

ロンネフェルト イングリッシュブレックファーストセントジェームス
価格:2500円/50g タイプ:リーフ 評価:★6





ロンネフェルト イングリッシュブレックファーストセントジェームス
商品説明:
ウバをベースにしたセイロンティーブレンド。メチルサルチレート臭を持つ。ストレート・ミルク・アレンジどれにも使える。



こちらは随分前にいただいたブレンドティー。ロンネフェルトのお茶は久しぶりに飲みますね。
イングリッシュブレックファーストは割と安いイメージのブレンドなのですが、ロンネフェルトのものは結構良い値段しますね。期待しておきましょう。
茶葉は2.5g量り取り、湯量150mL、95度で3分蒸らしました。




[香り]
トップノートはなし。
ミドルノートはリンゴのような甘酸っぱさにメントール香が絡んだ爽やかな香り。冷めるにつれて甘い花蜜が前に出てくる。また、弱いウッディーさ、コケ、枯れ感が混ざったアース感のある香りが残る。
※詳細
・強度 トップなし、ミドル強、ベースなし
・個性 控えめだが確かなメントール香とセイロンらしさのバランスが良い。
・変化 フレッシュ・メントール香→スイート・アース



[味]
風味は酸のニュアンスとメントール。ウッディーさ混じりの焙煎感。
口に含むとキレのあるシャープな酸・苦味を感じ、こってりとした穏やかな渋味に繋がる。舌の端にドライな収斂味を感じつつ、甘酸っぱいフィニッシュ。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ややフル
・苦渋 シャープな苦味とどっしりとした渋味あり。
・雑味 酸の絡んだ苦味あり
・個性 メントールの風味が弱くある。甘みがほどよく感じられ、シャープではあるが苦々しいわけでは無い。飲み応えのある味味わい。





上々なフレッシュ感!




ちょい酸化していますが、それでも良いブレンドと感じますね!
ウバの要素を感じられる爽やかなキャラクターの香りは、メントール香や焙煎感が強すぎない点がgood!
味はシャープではあるものの、どっしりとした甘みがあってストレートでも普通に飲めますね。ボディーが強めなので飲み応えがあり、濃厚なミルクティーを作ることが可能!
少々値は張るものの、ちょっといいブレックファーストブレンドを探している方にはオススメできる商品でした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: