fc2ブログ

記事一覧

心樹庵 天竜 大白木 するがわせ 2019

心樹庵 天竜 大白木 するがわせ 2019
価格:不明 タイプ:リーフ 評価:★6





心樹庵 天竜 大白木 するがわせ 2019
商品説明:
使用原料は樹齢20年以上のするがわせ。2019年5月上旬摘採の普通蒸し煎茶。産地は静岡県浜松市天竜区横山町、標高約400m。生産者は今場猪知郎。



積み茶の消化です。
こちらは、蓋椀か何かを買った時にくっついてきたおまけだったような?商品ページも消えていますしよく分からないやつです。するがわせの単一は初めて飲みますね。その名の通り、静岡生まれの早生品種。やぶきたの自然交配雑種からの選抜で、相当昔からある品種。渋味がハッキリしているらしいです。


心樹庵 天竜 大白木 するがわせ 20191


茶葉はこんな感じ。抹茶のお菓子のように甘い香りがします。
茶葉は2.0g量り取り、湯量40mL、温度80度で多煎抽出。1煎目は1分、2煎目以降は30秒にしました。



・1煎目:抽出時間1分
香りの強度は中。瑞々しく甘いグリーンフルーツと、香ばしい蒸し感。
風味は藁とグリニッシュの香ばしさ。口当たりはまろやか。余韻はなし、ボディーはフル。甘酸っぱい味わいが口一杯に広がり、爽やかな苦味が続く。酸味と渋味によるキレのあるフィニッシュ。後味はビター。しばらくするとリコリスのような甘みに変わる。

・2煎目:抽出時間30秒
香りは弱いグリーンフルーツと蒼い若葉。ミネラリーな土っぽい枯感が残る。
口当たりはまろやか。余韻はなし、ボディーはミディアム。穏やかな甘みをベースに爽やかな酸・苦味と塩味を感じ、キレのある渋味でフィニッシュ。少し雑味はあるが、爽やかな味わい。後味は甘苦い。

・3煎目:抽出時間30秒
香りは弱い若葉。
口当たりは瑞々しい。余韻はなし、ボディーはライト。ほとんどの味は消え、少し甘苦いお湯という印象。酸味と塩味を感じ、さっぱりとした渋味でフィニッシュ。





良いキレだ!




瑞々しく甘い香りが特徴的ですね。
ボディーは強く飲み心地はふくよか。雑味があるものの、キレのある味わいで野暮ったさがないのはgood!
気分転換に丁度いいお茶でした!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: