fc2ブログ

記事一覧

心樹庵 熊野 伝統釜炒り茶 2020

心樹庵 熊野 伝統釜炒り茶 2020
価格:1080円/80g タイプ:リーフ 評価:★7





心樹庵 熊野 伝統釜炒り茶 2020
商品説明:
使用原料は樹齢30年以上のやぶきた、やえほのブレンド。生産者は宇恵操・宇恵笑子。産地は和歌山県田辺市本宮町皆瀬川、標高約250m。2020年5月上旬製茶。
一番茶を使用し、2~3日間かけて丁寧に作られた香味は、日向のような温かい香りと、すっきりとした味が何煎も続く。




今年最後のお茶は、穏やかなものにしよう!ということで、心ツナグで入手した熊野番茶。番茶と呼ばれるけど番茶っぽくない番茶です。
殺青は釜炒りで行い、乾燥は天日でじっくりとやさしーく行う、日本茶というより中国茶のような存在です。手間暇がかかるので現地の作り手は減っているようですが、奈良のみとちゃ農園は和歌山から近いこともあってここの作り方を学んでいるようです。それだけ魅力的なお茶ということでしょうね!




心樹庵 熊野 伝統釜炒り茶 20201
茶葉はこんな感じ。しっかりと焙煎されていてほぼ岩茶みたいな印象を受けますね。これなら日本茶風ではなく中国緑茶風の淹れ方をアレンジしていただいた方が良さげです。
茶葉は1.0g量り取り、湯量40mL、95度で多煎抽出。1分ずつ蒸らしました。


・1煎目:抽出時間1分
香りは甘酸っぱいソース。炒った大豆の香ばしさと、こんがりとした焙煎感が感じられる。
口当たりは滑らか。余韻は小、ボディーはミディアム。ジューシーな酸味と甘じょっぱさを感じ、旨味に繋がるコクのある味わい。

・2煎目:抽出時間1分
香りはこんがりとした火香と豆、僅かなミントのようなグリニッシュ。
風味はハーバル。口当たりはまろやか。余韻は小、ボディーはライト。穏やかな甘味をベースに軽い塩味と酸味が感じられる。あっさりとしたフィニッシュ。後味はほんのり甘い。

・3煎目:抽出時間1分
香りは弱く香ばしい大豆。
口当たりは瑞々しい。余韻はなし、ボディーはライト。蜜っぽい甘さとさっぱりとした酸味による軽やかな味わい。後味には弱い塩味が残る。

・4煎目:抽出時間1分
香りは弱い柏の葉。
口当たりは瑞々しい。余韻はなしボディーはライト軽快な甘みと塩味を感じる。後味はシャープな甘じょっぱさ。

・5煎目:抽出時間1分
香りは穏やかに香ばしいゼラニウム。
優しい甘みのお湯という印象。ほのかな渋味が入ってさっぱりとしたフィニッシュ。





見事な日常茶!




番茶というのを飲まないのでよく分かりませんが……並の釜炒り茶より美味しいこいつを番茶というのは違うという心樹庵の言い分は分かりますね!

まず驚くのが香り!序盤はこんがりとした焙煎香と釜香がメインて食欲をそそる香ばしさを放っています。しかし煎を重ねていくと、徐々に剥がれてスッキリとしたハーバルなニュアンスが感じられます。圧があるわけでは無いものの、持続性が高く長く楽しめるのがgood!
95度で抽出しようが苦渋味はほとんどなく、控えめな甘みが軽快な酸味と共に感じられてとても飲みやすいです。余韻は弱いですがボディーが強め、また後味は結構甘いので飲み応えは悪くありません!

美味しいですし煎持ちも良い方ですし、安い!とても良い商品だと感じました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: