fc2ブログ

記事一覧

心樹庵 月ヶ瀬萎凋煎茶 在来実生 2020

心樹庵 月ヶ瀬萎凋煎茶 在来実生 2020
価格:972円/40g タイプ:リーフ 評価:★7






心樹庵 月ヶ瀬萎凋煎茶 在来実生 2020
商品説明:
使用原料は樹齢60年以上の在来実生。生産者は岩田文明。産地は奈良県奈良市月ヶ瀬尾山、標高250~300m。2020年5月15日製茶の、萎凋+普通蒸し煎茶。生育土壌は新生代新第三期の赤土系。




今回のお茶は、月ヶ瀬の煎茶!前回のやぶきたと飲み比べになります。
やぶきたは樹齢40年くらい、在来実生は樹齢60年くらいとこの点だけみると在来実生の方がミネラルを豊富に含んでいそうです。しかし、生育した土壌は全然違っていて、やぶきたが育ったのはおよそ1億年前に日本列島ができた際に隆起した地層、在来実生が育ったのはおよそ500万年前に琵琶湖の底だった部分になります。さあ、どっちがミネラルが多いのかな?


心樹庵 月ヶ瀬萎凋煎茶 在来実生 20201

茶葉はこんな感じ。やぶきたの半分くらいの大きさですね。香りは凄く高い!甘く華やかなグリーンフルーツのニュアンスです。
茶葉を2g量り取り、湯量40mL、80度。1煎目は1分、2煎目以降は30秒にしました。


・1煎目:抽出時間1分
香りは甘い白ブドウとラン花香。
口当たりは滑らか。余韻は小、ボディーはライト。マイルドな甘じょっぱさがサラサラと流れ、ほのかなほろ苦さ混じりの塩味で穏やかなフィニッシュ。後味にはパチパチしたスパイシーな甘み。

・2煎目:抽出時間30秒
香りは爽快な蒼さと瑞々しいグリーンフルーツのニュアンス。
口当たりは水っぽい。余韻はなし、ボディーはライト。まったりとした主張の弱い甘味と塩味が流れ、ほのかな酸・苦味であっさりとしたフィニッシュ。後味には金属感のある弾ける辛み。

・3煎目:抽出時間30秒
香りは爽快な蒼さ。甘い白ブドウのニュアンス。
余韻はなし、ボディーもなし。口当たりのまいなお湯という印象。後味は弾ける辛み、シャープな塩味が残る。

・4煎目:抽出時間30秒
香りは爽快な蒼さ。
味はシャープなお湯。




土壌の重要性!!



うわぁ……まるで別物じゃないですか!
ほんのちょっと離れた場所で育って変わるものか?それが随分と変わるみたいですねぇ。

文字だけ見ると余韻の凄そうなこの商品。余韻の強さ及び後味の強さは……樹齢の20年以上若いやぶきたに完敗しています!

それにしても、ミネラル感の感じ方が露骨に違っていて面白いですね。
ミネラルたっぷりの古い時代の土壌で育ったやぶきたは明らかに甘いミネラル感があり、文句なしに美味しい。
一方、新しい時代の土壌で育った在来実生はイキイキとした弾けるような感覚がありますね。前者は完全に中国茶好きにウケが良いタイプですが、後者はインド紅茶……ダージリンのサングマ茶園などが好きな方にウケそうです。これはこれでアリだと思いますね。

生産者の岩田さんはそのあたりを把握しているためか……、もしくは実生の特性がたまたま噛み合っているのか……あからさまに香り立ちがやぶきたよりも強くなっています。その上、キレ味があるのでもう本当に緑茶とは思えない!

製茶の巧さと育つ場所がとても大事というのがよく分かる飲み比べでした。
品種なんざ二の次よ。こうなるとちゃーんと生育環境を記載している心樹庵は流石だなぁと感心しますね!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: