fc2ブログ

記事一覧

Camellia Sinensis メガラヤ2020AF Lakyrsiew茶園

Camellia Sinensis メガラヤ2020オータムナル Lakyrsiew茶園
価格:16.81ドル/50g タイプ:リーフ 評価:★5






Camellia Sinensis メガラヤ2020AF Lakyrsiew茶園
商品説明:
使用品種はB157とAV2。2020年10月7日摘採。ココアを思わせるパウダリーな飲み心地が目立つ、バランスのいいタニック。ウッディーさとカラメルの甘さが花香と共に感じられる。


今回のお茶は、メガラヤ州のオータムナル!
ラキルシュ―はセカンドだけ飲んだことがあるものの、オータムではどんなもんかと思い試してみることにしました。タニックと言い出すということはアッサム寄りの味わいでしょうかね?


Camellia Sinensis メガラヤ2020AF Lakyrsiew茶園1


茶葉はこんな感じ。見た目も香りも普通にダージリンのクローナルです。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。




[香り]
トップノートはなし。
ミドルノートはドライな枯れ感と、醤油のような旨さを帯びた火香。また、チョコレートを思わせるダークな甘さと藁のような穀物の香ばしさがある。冷めてくると、明るい枯葉のニュアンスを伴うウッディーさが感じられる。
ベースノートは香ばしい枯れ感によるムスク。
※詳細
・強度 トップなし、ミドル強、ベース中
・個性 高温時は中国茶っぽいが、冷めてくると、普通にクローナル。
・変化 ドライ・ロースト・ダーク→ウッディー・ハーバル→ムスク



[味]
風味は穏やかなカカオと、コーン混じりのハーバルなウッディーさ。
口に含むと瑞々しい口当たり。甘味がメインの酸味・苦渋味が絡んだこってりとしたコクを感じつつ、さらりとした塩味が流れを感じる。パワフルさと滋味を兼ね備えたバランスの良い味わい。ミドルでは酸・苦渋味による収斂味を感じ、ドライな塩味でフィニッシュ。後味はさっぱり。
※詳細
・余韻 中
・ボディー ミディアム 
・苦渋 ほどよい苦渋味を感じる、ポジティブ。
・雑味 酸・渋が強く残る、ネガティブ。
・個性 風味は中国茶系の火のニュアンスだが、味は結構アッサム。




ありそうでない構成!




香りは中国茶+クローナルダージリン。味はアッサム。
飲んだ第一印象はジュンチヤバリのブラック+タルザム茶園という感じですが、それにしては味が随分と重たげという。マイナー産地らしい意表を突く感じが良いですね!
オータムですし、クローナルの花香がほとんど出ておらず地味な印象である点が残念ではありますが、普通に美味しく飲めますね。これならミルクティーにしても良いかも?日常茶には良さげなお茶でした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: