fc2ブログ

記事一覧

茶香好友 民國108年夏茶 花蓮蜜香紅茶S+

茶香好友 民國108年夏茶 花蓮蜜香紅茶S+
価格:4320円/20g タイプ:リーフ 評価:★7




茶香好友 民國108年夏茶 花蓮蜜香紅茶S+
商品説明:
産地は台湾花蓮縣瑞穂。嘉名茶園の2019年夏茶。コンテスト出品茶(茶園評価は銅牌相当)。蜜香の中に花蜜の香りが感じられる。


今回のお茶は、蜜香紅茶の8つ目です!
Sランク帯でコンテストに出品したものなので、どんどん値段が上がっていきます。ここから先は安価なコスパは求められません!ハイリスクハイリターンのみですね。




茶香好友 民國108年夏茶 花蓮蜜香紅茶S+1

茶葉はこんな感じ。香りはほんのり甘い蜜香。
抽出は2パターン。
茶葉量2.0g、湯量40mLの多煎抽出。1煎目は20秒、以後は1煎ごとに10秒プラス。温度は95度にしました。
茶葉量3.0g、湯量225mL、95度で5分蒸らしの1煎出し。





〇多煎抽出
・1煎目:抽出時間20秒
香りはハイトーンに香る蜜香。ほのかにスモークのかかった炭火のニュアンスが絡んで品のある香りになっている。
風味は上品なな蜜香と大葉烏龍の凝縮感のあるフルーティーな甘さ。
余韻は小、ボディーはミディアム。口当たり瑞々しく爽やか。強く軽やかな甘味と塩味を感じた後、シャープな酸・渋味のエッジでフィニッシュ。後味には渋味混じりのドライな甘みが残る。

・2煎目:抽出時間30秒
香りは梅やスモモを思わせるフルーティーさと、甘い花蜜、香木のようなウッディーさ。華やかな蜜香と大葉烏龍の瑞々しさが絡んだ魅惑的な香り。風味は瑞々しいフルーティーさ。余韻はなし、ボディーはライト。強い旨味と塩味を感じるパワフルな味わい。ドライな酸・渋味のエッジでフィニッシュ。

・3煎目:抽出時間40秒
香りはアーモンドのような甘い香ばしさ。冷めるほどに甘さが強まり、華やかな花蜜のニュアンスと炭火を感じる。
風味は水っぽくフルーティー。
余韻はなし、ボディーはライト。口当たりは水っぽい。軽やかな甘味とシャープな酸味を感じ、ドライな渋味でフィニッシュ。

・4煎目:抽出時間50秒
香りはカカオハスクのような甘さ+ウッディーさ。
余韻はなし、ボディーもなし。柔らかな口当たりのお湯という印象。後味はドライ。




〇一煎出し
[香り]
トップノートは紅茶らしい、強く華やかな焙煎感と共に蜜香が感じられる。ダークかつ蜜っぽい甘さで、ラム酒を彷彿とさせる。
ミドルノートは甘酸っぱいスモモのフルーティーさと、花蜜混じりの枯葉、カラメルの甘さ。冷めてくると大葉烏龍のフルーティーさを感じられる。
ベースノートはドライアプリコットのような弱いフルーツ感と枯れ感。
※詳細
・強度 トップ強、ミドル中、ベース弱
・個性 火香が軽やかで、インド系に近い印象。
・変化 ロースト・蜜香→フルーティー・スイート→ドライ・フルーティー



[味]
風味は水っぽいダークな枯れ感。戻り香に蜜香。
口に含むとまったりとした瑞々しい口当たり。軽やかな塩味と、爽やかな酸味が流れ、こってりとした甘味が続くコクのある味わい。じんわりとした塩味が響き、さっぱりとしたフィニッシュ。後味には鈍い甘みがある。
※詳細
・余韻 小
・ボディー ミディアム 
・苦渋 ほんのわずかにあるが、気にならない。ポジティブ。
・雑味 塩味に混ざって渋が残るがネガティブではない。
・個性 花蓮にしてはかなり重めの印象。こってりとした甘みがある。





こってりと重めの紅茶!




このロットは雰囲気が異なりますね!
ガッツリと炭火のニュアンスが効いたタイプでもなく、ひたすら蜜香が香る東方美人タイプでもない……。インドやセイロンといった乾燥系の華やかな焙煎感が感じられ、そこに蜜香が混ざっているのでとても芳しい香りになっています!

味もだいぶ重めで、紅茶らしい甘味があってgood!
単純な蜜香の強度はそこそこレベルですが、紅茶として美味しく仕上がった商品でした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: