fc2ブログ

記事一覧

Gclef 花蓮蜜香紅茶 2019年春茶 紅玉種 高 肇句作

Gclef 花蓮蜜香紅茶 2019年春茶 紅玉種 高 肇句作
価格:3780円/40g タイプ:リーフ 評価:★6





Gclef 花蓮蜜香紅茶 2019年春茶 紅玉種 高 肇句作
商品説明:
使用品種は紅玉。生産者は高 肇句。麦芽香と薄荷香があいまった、素晴らしい一品。渋みの質が良く、全体の調和をもたらしている。



今回のお茶は、蜜香紅茶の15個目!結構前のいただき物です。
紅玉紅茶は久しぶりに飲みますね!


大葉烏龍使用の蜜香紅茶よりもサイズは大きめ。あと、香りがあからさまに紅玉なのだ!
抽出は2パターン。
茶葉量2.0g、湯量40mLの多煎抽出。1煎目は20秒、以後は1煎ごとに10秒プラス。温度は95度にしました。
茶葉量3.0g、湯量225mL、95度で5分蒸らしの1煎出し。




〇多煎抽出
・1煎目:抽出時間20秒
香りはメントール+アッサム系のアース感。芋っぽい甘さが軽快に感じられる。冷めてくるとスミレのような花香を感じる。
余韻はなし、ボディーはミディアム。口当たりはまろやか。穏やかな甘味の後に、荒い雑味とシャープな酸味を感じる。ドライなフィニッシュと後味。

・2煎目:抽出時間30秒
香りはボタニカル混じりのクールなメントールと枯れ葉。弱くピオニーの甘さを感じる。
風味はクールな芋。
余韻はなし、ボディーはライト。口当たりは瑞々しい。甘酸っぱさと塩味を感じてさっぱりとしたフィニッシュ。後味はドライなエッジ。

・3煎目:抽出時間40秒
香りは黒糖の甘さとアース感が弱く感じられ、爽やかなメントール香がぼんやりと香る。
余韻はなし、ボディーもなし。優しい甘みを感じるお湯という印象。ほのかに甘酸っぱさが混ざり、軽快な飲み心地。





〇一煎出し
[香り]
トップノートはシャープで少しミネラリーな枯れ感。
ミドルノートは爽やかなシソを思わせるメントール香、芋っぽさを伴うモルティー香は、こんがりとした火香と合わさり、焼き芋や焼き栗のように感じられる。冷めてくると、ゴマのような穀物感と、ラン花香、スズランのような清涼感。
ベースノートはドライな枯葉のニュアンス、シャープな酸とウッディーさ。冷めてくるとレンゲハチミツの甘さ。
※詳細
・強度 トップ弱、ミドル強、ベース中
・個性 バリバリの紅玉。ミント系の香りが丁度いい。蜜香はないです。
・変化 シャープ・ドライ→クール・モルティー・ロースト→フラワリー・ドライ・シャープ・スイート



[味]
風味はケミカルなメントール混じりの芋。爽やかな焙煎感。戻り香は強い杏仁。
口に含むと瑞々しくさっぱりとした口当たり。酸味と弱い苦渋味をマイルドな甘味が包んだ小気味のいいトップ。ミドルでは酸・渋味と甘味による収斂味を感じるややヘビーな味わい。その後、塩味と酸味がジューシーに広がり、弱い渋味でキレのあるフィニッシュ。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ややフル
・苦渋 キレとしてほどよく感じられる、ポジティブ。
・雑味 ドライな酸・渋が残る、ネガティブ。
・個性 風味は杏仁。爽やかな酸味と塩味が春らしさを感じさせる。





「紅玉紅茶」としてなら良い。



分かりやすい個性的な香りと風味ですが、強すぎずそれぞれの個性がバランスよく感じられて良いですね。味はややドライですが、しっかりとした飲み応えがあり中々美味しいです。
問題はただ一つ。蜜香紅茶と謳っているのに、蜜香がゼロな点。
嘉茗茶園が作った、結構美味しい紅玉紅茶というただそれだけのお茶でコストパフォーマンスが劣悪。

決して悪くはないです!結構美味しいんですから!!
ただこれなら……私は日月潭紅茶をオススメしますね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: