fc2ブログ

記事一覧

萬千吉茶房 丸子紅茶 べにふうきオータムナル 2019

萬千吉茶房 丸子紅茶 べにふうきオータムナル 2019
価格:なし タイプ:リーフ 評価:★6




萬千吉茶房 丸子紅茶 べにふうきオータムナル 2019
商品説明:
使用品種はべにふうき。べにふうきの持つ甘さと、オータムならではの夏の強い日差しを浴びながら育ったお茶が蓄えた鮮烈な渋味。キレと爽快感が楽しめる。



積み茶の消化です。
こちらは、村松さんの作ったべにふうきのオータムナル。たまたま天気に恵まれて作ることのできたというロットですね。


萬千吉茶房 丸子紅茶 べにふうきオータムナル 20191


茶葉はこんな感じ。かなり火香が強かったのか、炭っぽいニュアンスが感じられます。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。




[香り]
トップノートはなし。
ミドルノートはウッディーさを伴う火香と桃香のフルーティーさ。その後、セイロンティーのようなシャープな酸のニュアンスを感じる。
ベースノートは酸と炭のようなウッディーさ+火香。
冷めてくると火香と桃香が絡んで桃のニュアンスを帯びたマスカテル風の香りが感じられる。
※詳細
・強度 トップなし、ミドル小、ベース小
・個性 かなり香りの強度が弱いものの、桃香とマスカテルフレーバーが感じられる。
・変化 ロースト・ウッディー・フルーティー→シャープ・ロースト・スイート



[味]
風味は水っぽい焙煎感。戻り香は燃えたフルーティーさ。
口に含むと滑らかな口当たり。ぼんやりとした甘みをベースにあり、シャープな酸味と甘苦さが入るもののあまり尖った印象を受けない。ミドルでは酸味・塩味・甘苦さによる弱いコクを感じる。その後酸・渋味が奔ってキレのあるフィニッシュ。後味は弱く甘い。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 ほろ苦さはあるが、丸みのおかげで気にならない。ネガティブではない。
・雑味 わずかな苦が残り火のようにちらつくが、ネガティブではない。
・個性 熟成されて飲みやすくはなっているが、元は結構尖っていたと思われる。




個性的ではある!



強力な火香の影響か、ほとんど焙煎感と品種香しか残っていないですね。そのため、結構ダージリンのチャイナセカンドに似た印象。
風味でよりハッキリとしますが、強度自体はかなり控えめです。ただ、その強い火香のせいか、桃香によるマスカテルが形成されているという不思議な個性を持っています。
味は丸みのある甘さによって刺々しさがやや緩和されて飲みやすくなっている印象。多分、去年飲んでいたらもっとキレキレだったんだろうなと感じますが、結構軽めの味わいなので変に刺激的よりもこれくらいがちょうどいいように思いますね。

甘苦さがあってところどころ和紅茶っぽいものの、かなりダージリンに近いという個性的なお茶でした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: