fc2ブログ

記事一覧

喫茶去一芯二葉 手摘み手揉み和紅茶 豊橋 べにふうき1st 2020

喫茶去一芯二葉 手摘み手揉み和紅茶 豊橋 べにふうきファーストフラッシュ 2020
価格:1000円/10g タイプ:リーフ 評価:★7





喫茶去一芯二葉 手摘み手揉み和紅茶 豊橋 べにふうき2nd 2020
商品説明:
使用品種はべにふうき。生産者は後藤潤吏。一番茶かつウンカの影響を受けた茶葉を用いており、東方美人のような蜜の香りを放つ。旨味が強く、とろりとした口当たりも魅力。べにふうき特有の花の香りもあり、ハニーキャラクターが楽しめる。



今回のお茶は、一芯二葉のニューリリース!後藤さんの作るスペシャルですね!
例年なら尾張旭で買うのが基本ですが、2020年は無理でしたので……飲む機会に恵まれてラッキーです!



喫茶去一芯二葉 手摘み手揉み和紅茶 豊橋 べにふうき2nd 20201



茶葉はこんな感じ。香りは優しい桜もち。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。




[香り]
トップノートは非常にエレガント。蜜香と、べにふうきのボタニカル感による華やかさが感じられ、うっすらとべっこう飴の甘さが続く。
ミドルノートはドライな枯れ感と梅を思わせるシャープな甘酸っぱさ。冷めてくると穏やかな桜の花のニュアンスが現れる。
ベースノートは青心烏龍似のウーロン茶系グリニッシュな枯れ感、ハチミツ、ゴマの香ばしさ。
※詳細
・強度 トップ強、ミドル中、ベース弱
・個性 東方美人+和紅茶
・変化 蜜香・ボタニカル・メロー→ドライ・シャープ→フラワリー・スイート・ドライ



[味]
風味はボタニカルな蜜香と甘酸っぱい酸のニュアンス。戻り香はわずかに桃のキャラクター。
口に含むと瑞々しう口当たり。甘じょっぱさと酸味に、甘苦さが絡んだ力強さと和紅茶らしさが混在したトップテイスト。ミドルではセイロンを思わせるやや荒めな酸・苦渋味による軽快なエッジが感じられる。ドライな塩味が広がり、ほろ苦さと雑味を伴いつつややビターなフィニッシュ。後味も同様。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ライト
・苦渋 穏やかな苦みとエッジとしての渋みはあるが、アクセントとして機能している。ポジティブ。
・雑味 ざらつく後味がネガティブ。
・個性 風味も強力なボタニカル+蜜香。また、べにふうきらしい桃のキャラクターまでありかなり華やか。味はそこそこ。




見事な蜜香!



これは良い蜜香紅茶ですね!

まず香りがちゃんと出ている点!東方美人に近いボタニカル感と蜜香が感じられます。蜜香単体の強度はまずまずですが、発酵度が高い分べにふうき和紅茶の個性も出ているのがポイント。蜜香の強度を補いつつ、個性はクッキリしていてこれはこれでアリ!風味も見事に薫りますし、少し桃のニュアンスが戻ってくるので華やかなに拍車がかかっています。
味は和紅茶の甘苦さ+セイロンティーという印象。アタックが弱いかボディーが強いか余韻が強いか……何かしらワンポイント良い点があればもっと良かったですね。

香りのバランスが秀逸な点は流石!見事な腕前だと感じました!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: