fc2ブログ

記事一覧

喫茶去一芯二葉 手摘み手揉み和紅茶 豊橋 べにふうき2nd 2020

喫茶去一芯二葉 手摘み手揉み和紅茶 豊橋 べにふうき2nd 2020
価格:1000円/5g タイプ:リーフ 評価:★9





喫茶去一芯二葉 手摘み手揉み和紅茶 豊橋 べにふうき2nd 20202
商品説明:
使用品種はべにふうき。生産者は後藤潤吏。ウンカの影響を受けた茶葉を用いており、東方美人のような蜜の香りを放つ。ウンカの影響が大きく、発酵も促されていて強い飲み応えと濃厚な蜜香がある。べにふうき特有の花の香りもあり。





今回のお茶は、一芯二葉のニューリリースその2!
夏のべにふうきですね。ウンカ芽を使用した蜜香ならやはり夏が本番!春でも中々だったので凄いのに期待しています。




喫茶去一芯二葉 手摘み手揉み和紅茶 豊橋 べにふうき2nd 20203

茶葉はこんな感じ。優しーく揉まれているようです。香りは甘い花蜜。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。



[香り]
トップノートは華やかなブーケを思わせる、強烈な花蜜の香り。ボタニカルさに絡んだ蜜香が上品で美しい香り立ち。
ミドルノートには梨のような瑞々しさを帯びた桃香が感じられ、フルーティーさも合流。ボタニカルさは引き続き感じられ、冷め始めると百合の花香、更に冷めてフルーティーな甘さが増してくるとメイグイバラのような艶やかな雰囲気に変化する。
ベースノートは華やかな枯れ感、シャープな黒文字のウッディーさ、アカシアのハチミツ。
※詳細
・強度 トップ強、ミドル強、ベース中
・個性 気品あふれる東方美人+桃香
・変化 蜜香・フローラル・ボタニカル→フローラル・フルーティー→ドライ・スイート



[味]
風味は蜜香+ボタニカルさによる高貴な花蜜、戻り香に桃香。
口当たりは瑞々しい。酸味と苦味によるやや刺激的なセイロン風の軽快な液の流れを感じるトップ。ミドルではシャープな酸・苦渋による収斂味を感じるヘビーな飲み心地。ドライな苦渋味が広がり、塩味が絡んでフィニッシュ。後味はビター。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 強くハッキリと主張してくる。シャープなアタックだが、一過性のものでキレとして捉えられる。ネガティブではない。
・雑味 酸が残る、ネガティブ。
・個性 風味は香り同様圧倒的。味はトゲトゲしい。





完璧な蜜香紅茶!




香りは文句なしに最高!
強度・安定感は抜群で、冷めても消えない美しい蜜香は見事ですね。べにふうきセカンドの要素も主張が強く、バラや桃のニュアンスが混ざってくるので、台湾では出せない個性があるオンリーワンなキャラクターです。
味はファーストフラッシュよりも更に尖っていて、さしずめブロークンのセイロンという印象。キレがある分、飲んでいてそこまで重くないのが救いですね。ただし、明確なアタックは出るのでそこは注意です。また、余韻は弱く尖った味わいという微妙ポイントがあっても、それを帳消しにできるレベルの風味がある!


正にスペシャル・オブ・スペシャル。和紅茶の中でも香りは頂点と言える圧倒的なロットでした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: