fc2ブログ

記事一覧

心樹庵 両河内 あさつゆ 2020

心樹庵 両河内 あさつゆ 2020
価格:810円/40g タイプ:リーフ 評価:★4





心樹庵 両河内 あさつゆ 2020
商品説明:
使用原料は樹齢約4~5年のあさつゆ。生産者は片平次郎。産地は静岡県静岡市清水区布沢地区、標高200~230m。2020年5月7日製茶の浅蒸し。施肥の量は多くないため、まったりとした旨味は少ないが、ほっこりとした味わいは気持ちを穏やかにさせてくれる。



今回のお茶は、心ツナグで入手した豊好園のあさつゆ!
旨味の強い品種ですがどんなキャラクターに仕上がっているのか?



心樹庵 両河内 あさつゆ 20201


茶葉はこんな感じ。火入れの香ばしさはあるものの、個性は弱めです。
茶葉は2.0g量り取り、湯量40mL、温度80度で多煎抽出。1煎目は1分、2煎目以降は30秒にしました。





・1煎目:抽出時間1分
香りは茹でた枝豆のような香ばしさ。
余韻は極小、ボディーはライト。口に含むととろりとした口当たり。強い旨味が酸のアタックを伴って感じられる。苦味が合流し、シャープなエグみを感じつつフィニッシュ。後味にはビターな旨味が残る。

・2煎目:抽出時間30秒
香りは少し甘い蒸し感と、芝を思わせるドライなグリニッシュ。
余韻はなし、ボディーはライト。口当たりはシャープ。旨味がダウンし、酸・苦味によるエグいアタックがメインになった。雑味によるざらつく舌触りと、苦々しさでフィニッシュ。後味は酸味がメイン、しばらくすると少し甘くなる。

・3煎目:抽出時間30秒
香りは弱い柏の葉。
ボディーもなくなった。クリアーな瑞々しい口当たりで、酸・苦渋のビターなキレが入ってフィニッシュ。後味は甘苦い。





強くはある!



香りや味にこれといった個性が感じられず、低温での抽出が推奨なタイプですね!
水色は綺麗な緑色なのが特徴的です。他の豊好園のお茶は金色ですから。
アタックと雑味が強い割に旨味は弱いのが残念。蒸しの強いお茶の如く、良くも悪くも味は強めで、煎持ちが良い点は好印象。ただ、私の好みではありませんでした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: