fc2ブログ

記事一覧

ロチャンティー・ジャパン ダージリン2021FF ギダパハール茶園Spring Wonder

ロチャンティー・ジャパン ダージリン2021ファーストフラッシュ ギダパハール茶園Spring Wonder
価格:2500円/20g タイプ:リーフ 評価:★3




ロチャンティー・ジャパン ダージリン2021FF ギダパハール茶園Spring Wonder
商品説明:
使用品種はAV2。さわやかで、春の光をキラキラと感じるようなファーストフラッシュ。ロットナンバーはEX-1。



今回のお茶は、ギダパハールのファーストフラッシュ!
AV2によるWonderの名を持つお茶ですね。




ロチャンティー・ジャパン ダージリン2021FF ギダパハール茶園Spring Wonder1


茶葉はこんな感じ。見た目はとってもグリニッシュですが、香りは吹き抜けるフレッシュな花。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。




[香り]
トップノートはぼんやりとした蜜っぽい枯れ感が地味にある。
ミドルノートは穏やかでまったりとした青い香ばしさで、青心烏龍使用の文山包種や凍頂ウーロンの清香型を思わせる。また、シャープな枯れ感がスッキリとした印象を残す。AV2の百合花香はあるものの、かなり希薄。青さと香ばしさの狭間にちらつくぐらいの存在感。冷めてくると甘さが増すものの、青みが少し明るくなる程度の変化。
ベースノートは弱い穀物の香ばしさ、若葉のような瑞々しい青さ。
※詳細
・強度 トップ弱、ミドル弱、ベース弱
・個性 微妙な発酵感が優しく漂う。
・変化 大きな変化はなし。



[味]
風味はぼんやりとした花蜜の甘さ、ヴェールのように薄く広がる若い青さ。
口当たりは少し水っぽい。
弱い酸味と塩味による瑞々しい液の流れを感じるトップテイスト。ミドルではやや尖りのある苦味と、雑然とした酸のニュアンスによるアタックを感じる。その後、ドライな塩味が続いてフィニッシュ。後味はそのままドライだが、しばらくすると米のような強い甘味が出てくる。
※詳細
・余韻 中
・ボディー ライト 
・苦渋 苦味はあるがそこまで強くない、ネガティブではない。
・雑味 酸・渋が残る、ネガティブ。
・個性 風味は微妙な発酵度でぼんやりした感じ。味の主張はあるにはあるが、ネガティブ方向な要素ばかり。




これは私には合わない……!



スペシャル価格でなかったとしても、似たような評価になっていたと思います……。

飲んで思うはただ一つ、「中途半端だ」!

AV2を使っているのは分かりますが、品種香が曖昧に感じられる程度の主張しかありません。そういうキャラクターであるというならまあいいでしょう。しかし、じゃあそれ以外に何があるかというと……とても地味な「何か発酵している感」だけ。凄くグリニッシュでもなければ、とても甘いわけでもない。花香もフルーティーさも特に感じられない……何がしたいのかよく分かりませんでした。

味の主張と余韻の強さはまずまず。多少荒いですが、後味が強く甘いので何とかなっているという感じ。


去年のギダパハールの戦績はかなり良いですが、クローナルはやや危なっかしい印象でした。こういう方向性か……。
まあ、好みによるでしょう。淡泊で飲みやすいお茶が好きな方には合うかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: