fc2ブログ

記事一覧

ダージリン図鑑No.9 マーガレッツホープ茶園 最終更新日:2021/9/9

マーガレッツホープ(Margaret's Hope)
茶園評価:S



マーガレッツホープは標高1000~1900m程度に位置する広大な茶園。インド紅茶業界の大手、Goodrickeグループの傘下にある5つのダージリン茶園の一つ。
一文字で表現するなら「美」の茶園。


大きくは3つの区画に分かれており、西はマーガレッツホープ茶園、東はエデンベール(マハラニ)茶園、北はディララム茶園。3つの茶園が統合された形になっていて製茶はマーガレッツホープで行うが、グームティーとは異なりそれぞれの茶園名でリリースされることもあるようだ。
ドラマティックな経緯からキャッチーな名前になっていて目を引く存在だが、作るお茶の品質もずば抜けている。


ボディーはミディアム程度でそれほど強くはないものの、クローナルを得意とする茶園で上品な香味のお茶が多い。
植えられているチャノキの9割はチャイナであり、こちらもなかなかイケる。マスカテルはあまり印象的ではないが、キャッスルトン茶園風の強い火香がかかっており、こってりとした香味の紅茶がよく見られる。年間ロット数が非常に多いためピンキリが激しいのの、個性・香り・味の何かしらは良い点を備えている印象で、商品としてバランスのとれたものが手に入りやすい。

スペシャルはMoonlight(ムーンライト)。クローナルの新芽を利用し、発酵度を絶妙に調整しつつ火香を付けることによる芳しさが魅力のダージリンの代表的な銘茶。また、White(ホワイト)の名の付く低発酵紅茶も得意とする。

マーガレッツホープではそれらをさらに発展させていて、ムーンライトに繊細なホワイトの属性を盛り込む場合がある。
白茶+品種香+ムーンライト……3つの芳しさを足し合わせることによって生まれるお茶は、無二の個性を放つエレガントの極みでありダージリン・ホワイトの集大成。卓越した技術を持つマーガレッツホープだからこそできるスペシャル中のスペシャル。


レビューのリンク/価格/評価

Thunderbolt Tea ダージリン2020SF マーガレッツホープ茶園Muscatel
価格:51.95ドル/100g
評価:★7
チャイナのロット。マスカテルフレーバーはないものの、強く甘やかな火香は芳しい。味はバランスよく甘味が強い。

GoldenTips ダージリン2020SF Clonal Classic
価格:9.02ドル/40g
評価:★3
クローナルのロット。香りも味も強いが、バランスが悪い。

GoldenTips ダージリン2021FF Moonlight Exotica
価格:53ドル/40g
評価:★8
クローナルのロット。香りは上出来のムーンライト。余韻は弱いが味の主張が非常に強く美味しい。

TEABOX ダージリン2021FF マーガレッツホープ茶園Moonlight Spring White
価格:38.99ドル/50g
評価:★8
AV2使用のムーンライト。主張が強めで甘口だが、香味のバランスが優れている。コストパフォーマンスはかなり高い。

Thunderbolt Tea ダージリン2021SF マーガレッツホープ茶園Muscatel
価格:27ドル/50g
評価:★6
チャイナのロット。値段的に高いものでもないが、面白みが全くない。

ルピシア ダージリン2021SF マーガレッツホープ茶園Sunshine
価格:2520円/20g
評価:★6
ルピシアのスペシャルロット。香りは個性的で強く素晴らしいが、味がイマイチ物足りない。

ティーズリンアン ダージリン2021SF マーガレットホープ茶園
価格:1566円/30g
評価:★6
チャイナのロット。まったりした優しい味わい。面白みは薄い。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: