fc2ブログ

記事一覧

ダージリン 図鑑No.10 バダンタン茶園 最終更新2021/9/1

バダンタン(Badamtam)
茶園評価:S



バダンタン茶園は標高305m~1830mとアップダウンの激しい茶園。Goodrickeグループ傘下の5つのダージリン茶園の一つ。キャッスルトン茶園をダージリンの王とするなら、こちらは陰の王。
一文字で表現するなら「圧」の茶園。


圧力を感じる強力で複雑な香り、
重圧的なまでのボディーの強さ、
圧迫感すら覚える余韻。
基本的な品質が全てカンストしたクオリティーは圧巻。


スペシャリテはマーガレッツホープ同様、「ホワイト系」と「Moonlight」。原料レベルの高さから低発酵のお茶を最も得意としており、非常に長く萎凋した茶葉をほんの少しだけ揉捻・発酵するファーストフラッシュは世界的に高い評価を受けている。それだけではなく、発酵・火入れ技術も優れ、セカンドフラッシュも凄まじい。
また、ホワイト系スペシャルやMoonlightには謎めいた品種SY1240 を使用することが多く、質の高さに加えてドライフラワーのような独自の個性が付加される。隙がない完成度によって他のダージリンの茶園を圧倒するばかりではなく、中国の高級茶にすら渡り合えるレベルの高い茶園。


弱点はピンキリの激しさ。アップダウンが激しいからか低級クラスのロットは正直大したことない。
また、チャイナの質は悪くはないものの、香りが今一つであえてこの茶園のロットである必要性を感じない。


次元の違うレベルの高さを誇るものの、表立って話題に出ることのない陰の存在であるのは、スペシャルロットの価格が威圧的であるのが一因であるように感じる。あまりに高価な故、大手の専門店でなければ扱われることはまずない。国内で毎年入るのはルピシアとリーフルくらい。海外専門店では安価なロットはそこそこあっても、スペシャルロットはまず見かけないし、ファーストフラッシュばかり。セカンドフラッシュやオータムナルもほぼ見かけない。それはなぜかという情報もででこない。レビューすら皆無。
あらゆる面で謎のヴェールに包まれている不思議な茶園である。



レビューのリンク/価格/評価

GoldenTips ダージリン2021FF White Pride
価格:73.62ドル/40g
評価:★10
神がかった原料レベルと完成度。価格は鬼。

GoldenTips ダージリン2021FF Moonlight Monarchy Organic
価格:85ドル/40g
評価:★10
品質は最上。クチナシや桃の香りがあり、とてもダージリン紅茶とは思えない。価格は鬼。

リーフルダージリンハウス ダージリン2020SF バダンタン農園Tippy Clonal
価格:1620円/30g
評価:★3
香りはクローナルらしさはあるもののダーク。味はとげとげしい。

TEABOX ダージリン2021FF バダンタン茶園Moonlight Spring White
価格:49.99ドル/25g
評価:★8
AV2使用のムーンライト。バランスの取れた華々しい香り。余韻はまあまあだが味も良い。

GoldenTips ダージリン2021FF Moonlight Heritage Organic
価格:68.61ドル/40g
評価:★10
クローナルに求めるものが全て揃っている。レベルの高さにしては価格は高くない。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: