fc2ブログ

記事一覧

ダージリン図鑑No.17 シンブリ茶園 最終更新日:2021/9/2

シンブリ(Singbulli)
茶園評価:S




シンブリは標高365〜1250mに位置する茶園。茶園はSingbulli区画、Manja区画、Tingling区画、Murmah区画の4つに分かれている。茶園の面積のうち4分の1はクローナルが植えられており、特にAV2がメインのティンリン区画は非常に良質な茶葉が取れ、ダージリンの中でもトップクラスのグラン・クリュである。


シンブリ茶園において特筆すべき強みは……ない!
他の茶園と比べて「これは絶対に負けない!」というものを探そうとしても難しいのだ……。
しかし世間においても、私の評価でも非常に高い理由はどこにあるのか?それは個々の要素を見ていくと分かってくる。


茶葉の質は良好で、ボディーは比較的強め。ティンリンを筆頭に味の主張が強く、ファーストやオータムナルでは余韻の強さや濃厚な味わいが、セカンドでは心地の良い切れ味が楽しめる。
火入れの香りがドライな傾向にあるのはJayshreeの他の茶園と共通しており、気品のある華やかな香りを放つ。
味が強く香り高い……つまりとても典型的なダージリンらしい紅茶を作る茶園と言える。


スペシャリテはチャイナ・セカンドにおけるMuscatel(マスカテル)。Jayshree系列の中でも特に甘く芳しい香りが感じられるのが魅力的。
クローナルではMoonlight(ムーンライト)、新芽を多く用いたGOLD(ゴールド)や、AV2等のクローナルを用いて作られるSnowwhite(スノーホワイト)など多様なものが存在する。


また、2020年のセカンドフラッシュにおいて、名だたる名茶園でチャイナの代名詞と言えるマスカテルフレーバーが全く出ずに総崩れしているという最悪の状況があったが、シンブリのみ例年通りのクオリティーを持って立ち続けたというのは重要なポイントである。2019年の夏で名マネージャーが他の茶園に移り、2019年の秋〜2020年の春においては著しくクオリティーが下がっていたのに返り咲いた様は見事。



ダージリンらしいパワフルでキレのある紅茶を作る、
チャイナ・クローナル問わずバラエティー豊かなハイクオリティなお茶を作る、
苦手なシーズンがあるわけでもなく悪条件化でも柔軟に対応できる安定感、
特別高品質な茶葉を生産できる区画を持つ……。
シンブリ茶園にしかないものは無いが、シンブリ茶園にないものも無い。
総合力の高さが武器と言える。


類稀な総合力の高さを持って、華麗に王道を征く……一文字で表現するなら「華」の茶園。







Darjeeling tea boutique ダージリン2021FF シンブリ茶園Moonlight
価格:28.95ドル/50g
評価:★8
AV2のロット。香りがドライ過ぎるが味は良い。

シルバーポット ダージリン2021FF シンブリ茶園Snow White
価格:3272円/30g
評価:★5
使用品種はAV2とT383。香りはクローナルらしく、味の主張は強いがスペシャルにしては質は低い。

ロチャンティー・ジャパン ダージリン2021FF シンブリ茶園Flowery
価格:2300円/20g
評価:★7
グリニッシュさメインのバランス型。フルボディーでシンブリらしい味わい。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: