fc2ブログ

記事一覧

What-Cha ニルギリ2021 TeaStudio Nilgiri Orchid

What-Cha ニルギリ2021 TeaStudio Nilgiri Orchid
価格:3.35ポンド/25g タイプ:リーフ 評価:★5




What-Cha ニルギリ2021 TeaStudio Nilgiri Orchid
商品説明:
2021年3月摘採。蘭の花に近い甘い花香がある。スムーズな飲み心地で、タンソウ紅茶に近い。



今回のお茶は、ついでに購入したニルギリですね。
生産者はTea Studioなので、たぶんきっとへんなやつです。
そもそも商品説明でタンソウ紅茶と言っている時点でヤベーやつな気がする……。




What-Cha ニルギリ2021 TeaStudio Nilgiri Orchid1

茶葉はこんな感じ。香りは旨みを帯びた火香。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
トップノートは畳を思わせる、穏やかな印象の枯れ感。
ミドルノートでは旨味を帯びたこってりとした火香を感じ、その後セイロン系のさっぱりとした酸のニュアンスが続く。また、ゲッカビジンのようなボタニカルさも感じられる。
ベースノートは弱い火香、オークのウッディーさ。
※詳細
・強度 トップ弱、ミドル中、ベース弱
・個性 中国茶+セイロン
・変化 ドライ・グラッシー→ロースト・フレッシュ→ボタニカル・ウッディー・ドライ



[味]
風味は少しゴマっぽい、炒ったような香ばしさを帯びたセイロン。
口当たりは滑らか。トップテイストは弱い甘みに包まれた塩味・酸味・ほろ苦さによる穏やかなコクを感じる。
ミドルでは塩味と酸味がメインで凝縮感がある。少し甘苦さを帯びた塩味が広がりマイルドなフィニッシュ。
後味はドライな塩味。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ライト(ミディアム寄り)
・苦渋 わずかにアクセントとして感じる程度、ポジティブ。
・雑味 やや酸が残るが、塩味と甘味でカバーできていて気にならない。ポジティブ。
・個性 風味はセイロン。少し甘じょっぱく、なめらかで中国茶のような飲み心地。





普通。




かなりガッツリと火入れをしているのか、香ばしい香りだけでなく味ものっぺりとしていて滑らかな舌触りが特徴的ですね。印象としては中国紅茶。ニルギリのキレはほとんど感じませんが、風味はセイロンというあたりに個性は現れています。
ネガティブな要素は特になし。上手に作られた紅茶であるとは感じますが、原料レベルに難ありですね。「セイロンを中国紅茶のように仕上げた感じ」としか言いようがない……強みに欠ける印象の商品でした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: