fc2ブログ

記事一覧

丸久小山園 長安

丸久小山園 長安
価格:3024円/20g タイプ:抹茶 評価:★8




丸久小山園 長安
商品説明:
当たりがとてもソフトでまろやか。独特の上品な香りと共に、心ゆったりと味わえる抹茶。


今回のお茶は、抹茶!
お供は早苗(さなえ)。黒糖のきんとんと、緑のきんとんで田植えが終わったばかりの早苗を表現した生菓子です。時期的にちょい遅いですけど、田んぼを見るとみんなまだひよっ子なのでセーフだと思いたい。



丸久小山園 長安1
丸久小山園 長安2

茶葉はこんな感じ。グレードの低いやつと比べるとちょっと色が明るい気がします。
抽出は薄茶2パターン。
茶葉は1.5g量り取り、湯量60mL。余熱は無し、温度は70度、80度に設定。慣らしは10秒、立てるのに40秒、肌理の整えに10秒使いました。

及び、濃茶は1パターン。
茶葉は2.0g量り取り、湯量30mL。余熱はあり、温度は70度。初めに半分お湯を入れて慣らしは20秒、強く練って20秒、その後残りの半分を加えて10秒ほど練りました。




〇薄茶
丸久小山園 長安3
・実質温度60度
香りは甘い抹茶と出汁のような旨みのある香ばしさ。
口当たりはまろやか。余韻は小、ボディーはミディアム。口に含むと強力な旨味を伴う塩味と甘味が感じられる濃厚なコクを感じるトップテイスト。ミドルでは旨味がメインとなり、かぶせ茶や玉露に近い酸を伴う旨味の主張を感じる。その後、ほのかな甘苦さをとともにシャープな塩味感じてフィニッシュ。後味にはドライな旨味が残る。

・実質温度70度
ヒノキのような上品なウッディーさを帯びた、甘く香ばしい抹茶のグリニッシュさ。
口当たりはまろやか。余韻は小、ボディーはミディアム。
旨味メインで甘味と塩味、酸味が続くややシャープなトップテイスト。ミドルでは旨味と塩味によって甘い、苦みによる濃厚なコクを感じる。その後酸・塩味による甘やかなフィニッシュ。後味はシャープな旨味が長く残る。




〇濃茶
丸久小山園 長安4
・70度
香りは甘く香ばしい抹茶。
口当たりはねっとりまろやか。
口に含むと酸を伴う強烈な旨味のインパクトを感じ、甘味と塩味に変わりつつ徐々に口中に広がっていく。苦みはアクセント程度にしか無く、濃厚な旨味が味わいの大半。酸味は感じるが雑味やアタックはない。心地よい甘苦さでフィニッシュ。






旨味が強いっ!!



おお……これはパワフルですね!

余韻の強さ自体はそこそこで。雲鶴とさほど変わらない印象です。しかし、味わいの密度は格段にアップしていますね。
まず単純に旨味が強力。
次に酸味はあるものの、それで爽やかな印象を受けることはなく、旨味と共に濃厚なコクを作る要素になっています。
更に苦味はほとんど目立ちません。もちろん全くゼロというわけではありませんが、完全に旨味と甘味が勝っていますね。
最後に濃茶にしてもなお苦渋のアタックやエグ味といった雑味要素が感じられないという点もポイントが高いです。後味で塩味と絡んだ旨味がクリアに、強く、長く感じられ、口の中は幸せいっぱいです。

流石高価なだけのことはある!
納得のいくハイコストハイリターンで飲み応えバッチリな抹茶でした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: