fc2ブログ

記事一覧

マカイバリ・ジャパン ダージリン2021FF マカイバリ茶園Vintage 初摘みDJ-1

マカイバリ・ジャパン ダージリン2021ファーストフラッシュ マカイバリ茶園Vintage 初摘みDJ-1
価格:2916円/80g タイプ:リーフ 評価:★5




マカイバリ・ジャパン ダージリン2021FF マカイバリ茶園Vintage 初摘みDJ-1
商品説明:
2021年3月10日製茶。今年は特に香りと味に華やかさがある。マカイバリらしく口の中で広がるふくよかさもある。ロットナンバーはDJ-1。



今回のお茶はサンプルでもらったマカイバリのDJ-1ですね。
価格も変化なしという印象、さてどうなったかな?





マカイバリ・ジャパン ダージリン2021FF マカイバリ茶園Vintage 初摘みDJ-11

茶葉はこんな感じ。香りはわずかにレモンの混ざった香ばしいグリニッシュ。




[香り]
トップノートはレモンのはちみつ漬けや、サトウキビのような、甘さの中に爽やかなボタニカルさが混ざったような印象。
ミドルノートは華やかなローズマリーのハーブ感を伴うラン花香が感じられ、ウッディーな樹皮のニュアンスと枯れ感を伴うグリニッシュさが続いて芳しく香る。冷めてくるとバニラの甘さ。メローな白ブドウのフルーティーさが残る。
ベースノートは甘いカラメルとハチミツ。
※詳細
・強度 トップ中、ミドル強、ベース中
・個性 甘さメインのグリニッシュ&フルーティー。
・変化 シトラス・スイート・ボタニカル→ハーバル・フラワリー・グリニッシュ→メロー・スイート・ハニー



[味]
風味はわずかなボタニカル混じりのグリニッシュさと甘い花蜜。
口当たりはまったり。
鈍い甘みが広がり、塩味と酸味による少しシャープな液の流れを感じるトップテイスト。ミドルでは苦味と塩味メインのチリチリとしたアタックを舌の上に感じつつ、甘酸っぱいコクが広がる。その後、酸・渋味によるさっぱりとしたフィニッシュ。後味には雑味混じりの塩味が残る。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ミディアム(フル寄り)
・苦渋 尖った苦みあり。苦々しいとまではいわない、ネガティブではない。
・雑味 酸・苦・渋の雑多な感覚が苦々しく残る。ネガティブ。
・個性 風味は中程度のボタニカルさ。苦味自体の主張はそれほど強くないが、雑味のせいでだいぶビターな印象になっている。





惜しいロット!




去年の初摘みDJ-1も飲んでいて、あちらは「和紅茶じゃないか……」と感じる代物でした。よってスルーしていましたが、今年のロットはべにふうきの甘いボタニカルな雰囲気だけ残し、後は正統派チャイナという印象。フルーティーさも出ていますし、若々しい。なにより枯れ感や青々しさがほとんどなく、発酵の甘さがバッチリ前に出ている点がgood。香りは完璧にキマっています。

味は……微妙ですね。あまり主張のない中にほろ苦いテイスト。飲みやすいチャイナと言える構成ですが、雑味が強すぎて台無しになっている印象。これさえなければ!
しかし、シルバーティップスを飲むくらいならこちらの方がオススメですね。原料の質は負けていますが、個性も味もこちらが上だと感じました!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: