fc2ブログ

記事一覧

ルピシア ダージリン2021FF バーネスベグ茶園

ルピシア ダージリン2021ファーストフラッシュ バーネスベグ茶園
価格:2800円/50g タイプ:リーフ 評価:★5





ルピシア ダージリン2021FF バーネスベグ茶園
商品説明:
バイヤーオススメ品。南国の果実を思わせる濃厚な香りと、飲み応えのある甘み溢れる味わいが魅力。ロットナンバーはDJ-1。


今回のお茶は、久しぶりに飲むバーネスベグ!
一応グッドリック一派ですが、他のものよりエンカウント率が低いので今年はお初ですね、



ルピシア ダージリン2021FF バーネスベグ茶園1

茶葉はこんな感じ。香りはフルーティーなニュアンスを帯びた焙煎香。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。




[香り]
トップノートはベリー系のニュアンスの、甘酸っぱいフルーティーさ。
ミドルノートはチョコレートを思わせる甘さを帯びた、香ばしく厚みのある焙煎香。ぶ厚い焙煎感の中から、シャープな枯れ感が抜けていく感覚がある。冷めてくるとドライなウッディーさとスパイス感、赤ブドウのニュアンス。
ベースノートはロースト感の強い焙煎香。
※詳細
・強度 トップ中、ミドル強、ベース中
・個性 セカンドやオータムのような円熟感。
・変化 ロースト・フルーティー→ダーク・スイート・シャープ→ロースト・ウッディー・フルーティー



[味]
風味は安定感のある、セカンドじみた焙煎感、戻り香は線香。
口当たりはまろやか。
ぼんやりとした甘味の広がりを感じるトップテイスト。ミドルでは塩味と酸味が現れるものの、主張はそれほど強くないためトップ同様のまったりとした雰囲気。その後、酸・渋味のエッジを感じ、さっぱりとしたフィニッシュ。後味には塩味とほろ苦さが残る。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー フル
・苦渋 キレとして感じられる、ポジティブ。
・雑味 酸がのっぺりと残る、ネガティブ。
・個性 風味は軽いセカンドという印象。キレ味が爽快。





控えめすぎる!




ナンバーは1番ではなく、111番ならしっくりくるのですが……。
グリニッシュさも花香も皆無!フレッシュな雰囲気は微塵もなく、焙煎香にウッディーさ赤ブドウのニュアンスと季節外れのセカンドフラッシュキャラクターになっています。いや~不思議ですね!
味はボディーは強く、フィニッシュにキレが入って緩急があるのはいいものの、余韻も舌への主張も弱いのであまり美味しくは感じません。もう少し味が強ければもっと美味しい気がするのですが……。
香りにしても味にしても中途半端で、惜しいロットだと感じました!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: