fc2ブログ

記事一覧

子揚茶業 牛欄坑肉桂 2014 春茶

子揚茶業 牛欄坑肉桂 2014 春茶
価格:2300中国元/500g タイプ:リーフ 評価:★9





子揚茶業 牛欄坑肉桂 2014 春茶




今回のお茶は、いただき物の岩茶!
主力品種である肉桂の中でも、馬頭岩肉桂と並んで最高峰と言われる牛欄坑肉桂、通称牛肉になります。


購入したのは深圳の茶城の中にある子揚茶業。結構良い茶葉を比較的手頃に買えるらしいです。いいですね、いつか行ってみたいものです。
茶葉の香りはレーズンパンのような甘さを帯びた香ばしさ。
茶葉を1g量り取り、洗茶(約12mLの熱湯を入れて即捨て0煎目)。その後湯量25mL、熱湯での多煎抽出。蒸らし時間は1煎目20秒。2煎目以降は10秒ずつプラスしました。




・0煎目
香りは香ばしい炭。フルボディーで弱い甘味とシャープな渋みが感じられる。

・1煎目:抽出時間20秒
香りは陳年のニュアンスと濃い炭火の香ばしさと共にレーズンのようなフルーツ感が感じられる。
風味はダークな陳年感。
口当たりはねっとり。余韻はなし、ボディーは強烈。ミネラルの甘みと塩味のエキスが、横にガツンと広がる濃厚な味わい。キレのある酸味でフィニッシュ。後味には舌の上にピリつく辛みが残る。

・2煎目:抽出時間30秒
香りは弱い陳年感と共に炭火の香ばしさ、ウッディーさとキンモクセイのような花香がある。更に冷めると甘酸っぱいチェリーのようなニュアンスが感じられる。
風味は炭がダウンした陳年感。
口当たりはねっとり。ボディーはフル。塩味が弱くなり、甘味がメインになったトップテイスト。ミドルではミネラルの甘みと酸味によるまろやかなコクを感じ、爽やかな酸・渋のエッジでキレのあるフィニッシュ。後味にはドライな塩味を感じ、しばらくすると甘みに変わる。

・3煎目:抽出時間40秒
香りは花蜜混じりの甘く香ばしいウッディーさ。
口当たりはまろやか。ボディーはフル。
味の圧が弱くなり、濃度はあるが主張が大人しい。優しい甘味と酸・塩味のバランスの取れた味わい。ミドルではこってりとした甘味と渋みを感じる。ややドライな塩味でフィニッシュ。後味にも残り、徐々に鈍い甘味に変わる。

・4煎目:抽出時間50秒
香りは少しシャープなドライフルーツのような甘さとウッディーな枯感。
口当たりはまろやか。ボディーはミディアム。
ほんのりとした甘みが優しく広がるトップテイスト。ミドルでは塩味と酸味がじんわりと感じられ、ミネラル感を伴う渋みで穏やかなフィニッシュ。後味には甘みが残る。

・5煎目:抽出時間60秒
香りはキンモクセイと木、少しキノコ。
口当たりはまったり。ボディーはライト寄りのミディアム。
ほのかな甘味と酸・塩味による穏やかな甘みが始終感じられる。さっぱりとした酸味のエッジでフィニッシュ。後味は甘め。

・6煎目:抽出時間70秒
香りは弱い香ばしさ。
口当たりはマイルド。ボディーはライト。コクのあるミネラルウォーターという印象。弱い甘みが響く。

・7煎目:抽出時間80秒
香りはほのかな塩気。
ボディーはなし。
甘くマイルドなお湯という印象。

・8煎目:抽出時間90秒
香りはなし。
甘いお湯。





とんでもなくまろやかっ!




一応フルーツの要素はあるものの、焙煎香に隠れた感じですね。ハッキリと主張のある馬肉のようなタイプではなく華に欠ける印象です。しかし、煎が続いても香りはあり、安定感は十分という感じですね。
一方味の濃度は馬肉と比べて桁違いに強力!
肉桂らしく戻ってくるような余韻は皆無ですが、代わりに後味にミネラル感が全振りされているかのようです。肉桂に見られる酸・渋のエッジは、余韻がへちょい分味の圧が弱まると際立つように思いますが、この牛肉ではその点がカバーできていますね。そもそもボディーが圧倒的に強いので味の太さは約束されていますし、ミネラル感のおかげで非常にマイルドな飲み心地なので、エッジはむしろ甘やかに感じるほど!後味の甘さはとても印象的です。

最初から最後までずーっと濃厚!しかもアタックはなしで香りも十分。文句なしの上質な肉桂でした!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: