fc2ブログ

記事一覧

臻味茶苑 大禹嶺 春茶

臻味茶苑 大禹嶺 春茶
価格:3000TWD/150g タイプ:リーフ 評価:★8





臻味茶苑 大禹嶺 春茶 2017



今回のお茶は、いただき物の台湾茶!
多分2017年のものらしい、大禹嶺の春茶です。前にもいただき物で臻味茶苑のお茶は飲みましたが、個性的で美味しかったのでとても楽しみです。

香りは……む?少しドライ。酸化とかそういうのは置いておいて、なんだかちょっと違和感。旨味はありますね。
茶葉は2.0g量り取り、湯量40mLで温度は95度。最初50秒、二煎目はマイナス5秒、その後一煎ごとに10秒ずつ増やし、多煎抽出で淹れました。




・1煎目:抽出時間50秒
香りは微妙にドライな焙煎のニュアンスが絡んだ、穏やかなグリニッシュ。ナラやクヌギのような木材を思わせる、澄んだウッディーさが鼻を抜ける。
口当たりはまろやか。風味は黄金桂に近い青みのあるウーロン。
余韻はなし、ボディーはフル寄りのミディアム。
塩味と旨味が強く広がる甘やかなトップテイスト。ミドルでは酸・渋のエッジが入って凝縮感がある。その後、チカチカした雑味の主張を感じ、旨みとともにフィニッシュ。後味は甘辛い。

・2煎目:抽出時間45秒
香ばしさの目立つ、蒼く芳醇な香り。
口当たりはまろやかで少しシャープ。余韻はなし。ボディーはミディアム寄りのライト。甘味と塩味によるこってりとしたコクを感じるトップテイスト。ミドルでは旨味に混ざってエッジが奔り、少しドライな印象。ドライな塩味の後、旨味とともに少し辛味が残る。

・3煎目:抽出時間55秒
香りは穏やかで芳醇なグリニッシュ。
口当たりはまったり。ボディーはほぼなし。
味の主張が一気に落ち、穏やかな甘味と塩味が感じられる程度の平坦な印象。ミドル以降に少し旨味と辛味が感じられ、弱いエッジでフィニッシュ。主張はあまりないが、最後まで厚みはある。

・4煎目:抽出時間65秒
香りはドライな枯感。
口当たりはマイルド。ボディーはなし。
さらに主張がダウンし、甘味と塩味が溶け合った穏やかな味わい。少し旨味が主張した後、キレのあるフィニッシュ。後味には少し辛みのある旨味。

・5煎目:抽出時間75秒
香りは少しドライ。
口当たりはマイルド。少し薄くなり、旨味の主張もほぼない。まったりとした液が流れていき、辛みのあるエッジでフィニッシュ。後味には旨みが感じられる。

・6煎目:抽出時間85秒
香りはぼんやり香ばしい。
口当たりは少し辛め。甘みが遠くなり、エッジが目立つ程度のお湯。荒めのフィニッシュ。






ガツンと来る濃厚なウーロン!





香りは青いは青いですが、ちょっと機械式焙煎が入っている印象。清香ではあるのでしょうけど、なんだか香ばしいので無焙煎ではない気がします。あまり飲まないキャラクターで新鮮。あと香ばしいおかげで、製茶から約4年くらいたっているにしては劣化は少ないように思います。
味は前に飲んだ105Kのものとよく似ています。余韻と透明感はなく、舌への主張でガンガン攻めるタイプ!ボディーが比較的強めなので構成的にはマッチしていると感じました。

ウーロン茶というには緑茶っぽい香味で、その上このロットには焙煎香のようなものも付いていてかなりの個性派だと思います。これも変わっていますが美味しい。今度台湾に行ったら臻味茶苑はチェックしたいですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: