fc2ブログ

記事一覧

小梅茶荘 濃香大紅袍 2009

小梅茶荘 濃香大紅袍 2009
価格:4000円/50g タイプ:リーフ 評価:★6





小梅茶荘 濃香大紅袍 2009



今回のお茶は、小梅さんのところで売られているもう一つの大紅袍ですね。
濃香ということで火入れをガッツリしているらしいです。




小梅茶荘 濃香大紅袍 20091


茶葉はこんな感じ。香りは強い火香とほのかな甘さ。
茶葉を1g量り取り、洗茶(約12mLの熱湯を入れて即捨て0煎目)。その後湯量25mL、熱湯での多煎抽出。蒸らし時間は1煎目20秒。2煎目以降は10秒ずつプラスしました。




・0煎目
香りは弱く香ばしい炭火。
味は少し辛みのあるシャープなエッジと塩味。


・1煎目:抽出時間20秒
香りはコーヒーのようなダークな火香。線香と木材を思わせる芳しさがある。
風味はこんがりとした火香。
口当たりは濃厚かつシャープ。余韻は極小、ボディーはフル。
ガツンとくる酸・苦渋が、塩味によって流されるトップテイスト。ミドルではずっしりとしたヘビーなコクを感じ、甘やかなミネラル感でフィニッシュ。

・2煎目:抽出時間30秒
香りは強い火香とほのかに甘酸っぱい梅のようなニュアンス。雰囲気は変わらずダークで、焼けたウッディーさが目立つ。
口当たりは小ざっぱり。余韻はなし、ボディーはフル寄りのミディアム。
主張が大きくダウンし、甘みに包まれた塩味、酸味、ほろ苦さによるバランスの良いコクを感じるトップテイスト。ミドルでは酸味と塩味がメインになり、じんわりと舌に絡むような重たげな味わい。その後、渋みが入ってさっぱりとしたフィニッシュ。後味は鈍い甘さ。

・3煎目:抽出時間40秒
香りは芳しい火香とウッディーさ。
口当たりは瑞々しい。ボディーはライト。
存在感はあるものの尖りが大方消え、ほのかに甘いマイルドな液の流れを感じる。さっぱりとした酸・渋のキレでフィニッシュ。

・4煎目:抽出時間50秒
香りは消し炭。
ボディーも無くなり、最初の口当たりはマイルドだが、後からシャープなお湯という印象。後味は甘苦い。





どしんと重い!




おうおう……清香とは全く異なる方向性の香りですね。
ダークに感じられるほどに火香が重く入っていて、ガッツリとウッディーさと線香のようなニュアンスが感じられます。12年経ってもまだ強いって相当な重火ですねぇ。

味は始め少しマイルド、ミドルでしっかりとコクを感じ、キレでフィニッシュ。
味の重さ自体は濃香の方が強かったり、塩味は清香の方がハッキリしているといった違いはあるものの、バランスの良い大まかな構成は似ていると感じます。

私としては清香の方が面白く感じましたが、独自の飲み応えがあるのでこっちもアリですね。
どちらも楽しめました!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: