fc2ブログ

記事一覧

ルピシア ダージリン2021SF キャッスルトン茶園

ルピシア ダージリン2021セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園
価格:3200円/50g タイプ:リーフ 評価:★7






ルピシア ダージリン2021SF キャッスルトン茶園
商品説明:
バイヤーオススメ品。使用品種は中国種。力強く立ち上る鮮やかな果実を思わせる香り、軽やかな飲み口ながら甘みの強い味わい。上品な余韻を堪能できる。ロットナンバーはDJ-146。




今回のお茶は、ルピシアのキャッスルトン!
ようやくの登場ですね。今年のファーストフラッシュは当たりロットを出してきたので、セカンドにも期待です!



ルピシア ダージリン2021SF キャッスルトン茶園1

茶葉はこんな感じ。香りはチョコレートクリームと、ブドウ。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートはカラっとしたクリスピーな火香と、ヘーゼルナッツのような甘い香ばしさ。
ミドルノートは赤ブドウのニュアンスを伴うドライな枯れ感。冷めてくるとドライな雰囲気に更に拍車がかかり、木炭っぽくパウダリーな砂+ウッディーさ、カカオハスクの香ばしさが感じられる。
ベースノートはロースト感の強い火香、ウッディーさ、ブドウの皮。
更に冷めると、やや薄いが炭っぽい火香に包まれ、焼けたベリーやブドウのニュアンスが感じられる。
※詳細
・強度 トップ強、ミドル強、ベース中
・個性 ドライな中に、ナッツとフルーティーさがある。マスカテルはゼロではない。
・変化 クリスピー・ナッティー→シャープ・ドライ・フルーティー→ダーク・ロースト・マスカテル




[味]
風味はダークなナッツ、フルーツのニュアンス。
口当たりはまったりかつまろやか。
甘味と酸味による、やや軽い印象の穏やかな液の流れを感じるトップテイスト。
ミドルではほろ苦さが酸味に絡んで弾けるような感覚があり、さっぱりとした渋みも重なってジューシーなコクがある。
ドライな甘じょっぱさが酸味と共に流れ、シャープなフィニッシュ。後味は穏やかに甘苦い。しばらくすると旨みのある塩味へと変化する。
※詳細
・余韻 中
・ボディー フル 
・苦渋 苦味のトゲが少しあるが、バランスはとれていてネガティブではない。
・雑味 ややドライだが、旨みを作っている。ネガティブではない。
・個性 風味はダークな甘さ。少しほろ苦いが、パワフルな甘さがある。





かなりまろやか!




香りはドライに寄っていますね。
ナッツ感やフルーティーな要素はあるものの、少し散っている印象。冷めてくるとロースト感満載のダークなフルーティーさが感じられます。マスカテルといえばマスカテルなのですが、ぼやけていてハッキリとした主張がしない点は惜しいです。

味わいはマイルドな甘みと刺激的な苦味、シャープで甘じょっぱいフィニッシュと濃厚な割に緩急がある点はgood!
質は高いですが、ちょいと尖っているのがネックか……。

ギリでバランスがとれている印象のロットです。
良心的な価格でキャッスルトンらしさを楽しめる小当たりという印象を受けました!
スポンサーサイト



コメント

マスカテル

ルピシアは2ndフラッシュの茶葉で商品説明にマスカテルフレ-バ-の記載はないようですね。花香、果実香、赤ワイン香の記載をしているようです。一方Gclefやリーフルは商品説明にマスカテルフレ-バ-の記載をしている商品と記載をしていない商品に分けています。マスカテルフレ-バ-の匂いの原本みたいな香料があれば各人共通認識できますが、原本がなければブドウのマスカットの香りに似ている?だったとしたらブドウの品種は何?とどんどん突っ込みが入ってしまいます。

キャッスルトン

春が初キャッスルトンだったので
今回はけyさんのmoonlight記事読んだ後だったので
そっち選んでコレ買ってないんです。
moonlightはけyさんの8評価だけ見て
中身読んでません。
飲んでから読みますね。
楽しみです。

キャッスルトン良いお茶園ですね。

あとうちはサングマの手持ちがそろそろ切れるので
サングマ選びました。
いつもあって欲しいサングマです。



>CLMさん

こんにちは、コメントありがとうございます!

これはこれでキャッスルトンらしいお茶ではありますが、同じようなタイプが毎年入荷することを考えると今年のものは今ひとつかなという印象ですね。
逆にムーンライトは久しぶりに当たったなと思えます。

チャイナでもサングマとは毛色が全く違うので、試飲ができる時は試していただきたいなぁと感じます!

キャッスルトンらしさ

「キャッスルトンらしさ」とは雑味の少ない軽快な香味と程よい甘みを伴う上品さでしょうか?ムーンライトDJ-157を買って飲んでいなければ価格的には十分満足できる水準でした。

Re: キャッスルトンらしさ

こんにちは、コメントありがとうございます。

私が感じたのは
キャッスルトン特有の焙煎香、強いボディーと甘みですね。
マーガレッツホープやタルボでは似ていてもこうはならないので個性があるなと感じました。
価格は確かに良いですね。シーヨクを買うか悩むなら、こっちを推します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: