fc2ブログ

記事一覧

TEABOX ダージリン2021SF キャッスルトン茶園Moonlight Summer White

TEABOX ダージリン2021セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園Moonlight Summer White
価格:32.99ドル/50g タイプ:リーフ 評価:★6






TEABOX ダージリン2021SF キャッスルトン茶園Moonlight Summer White
商品説明:
使用品種は複数種のクローナル。2021年7月28日摘採。ロットナンバーはDJ-131。スイカズラやアマリリスのような柔らかな花香が広がり、徐々にアプリコットのようなフルーティーさが感じられるようになる。後味は甘いブドウのよう。




今回のお茶は、キャッスルトンのムーンライト!
ルピシアやえいこく屋のムーンライトとは少し番号が離れていますね。少し早めに作られたことがどう影響しているか?といったところ。





TEABOX ダージリン2021SF キャッスルトン茶園Moonlight Summer White1

茶葉はこんな感じ。香りはペチュニアのような甘い花。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートはピオニーのニュアンスが混ざった華やかで繊細な火香を感じる。
ミドルノートは、炭や魚介を思わせる旨みがあり、焼き付けたようなドライな火香と共に香る。サザンカやペチュニアのような甘い花香が厚く、また少しシャープな赤ブドウやチェリー系のフルーティーな雰囲気がある。冷めてくると若干スパイシーな黒文字のウッディーさ、ウスターソースのような旨みが感じられる。
ベースノートはロースト感、みりんやバニラのような甘さ、クローナルムスク。
※詳細
・強度 トップ中、ミドル強、ベース中
・個性 全体的に穏やかな花が目立つ。
・変化 ピオニー・ドライ→ロースト・フローラル・フレッシュ→スパイシー・スイート・ロースト・ムスク




[味]
風味は甘く華やかなペチュニア、ピオニー。戻り香はクリスピーな火香。
口当たりはまろやかかつシャープ。
まったりとした甘味をベースにした優しい甘みがメインであるが、酸・塩味からくるエッジが舌の端に現れさっぱりとした印象のトップ。
ミドルでは渋みが弱く主張し、ほのかな収斂味を形成。塩味がチラついて凝縮感のある旨味が感じられる。
雑味混じりのドライな甘みでフィニッシュ。後味もざらつく。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー フル
・苦渋 そこそこ渋いがネガティブではない。
・雑味 ざらつきが強い、ネガティブ。
・個性 風味はとてもフローラル。甘味は強いがネガティブ要素が多く荒い印象。





味と香りの乖離している!




香りはかなり白茶の要素が強めですね。白い花を思わせる優しい甘さが広がり、ベースにも香ばしい甘さがあってとても明るい印象を受けます。ほうじ茶っぽい焙煎香ではない、ロースト感メインの繊細なタイプです。
また、風味の強度も抜群で非常に華やかな点は素晴らしいですね。
AV2の印象は薄く、どちらかというとP312かB157系という印象ですが実際どうなのかは謎ですね。

味は甘みがとっても強く、マイルドな雰囲気!
ただ、エッジが強いのでだいぶ荒くれていると感じます。甘いっちゃ甘いのでなかなかイケるものの、尖りもハッキリしているのでバランスが良いとは言い難いですね……。

香りだけだと完成度が高いダージリン・ホワイトですが、飲んでみると良い点と悪い点が共存しているのが厄介。
スペシャル感は強く、その割に価格は安いのでコストパフォーマンスはかなり高いと思います。
リピートはしないが、良い商品ではあるなという印象を受けました!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: