fc2ブログ

記事一覧

謎のお茶X57 国産紅茶グランプリ2021 C6

謎のお茶X57 国産紅茶グランプリ2021 C6
価格:不明 タイプ:リーフ 評価:★5






謎のお茶X57 国産紅茶グランプリ2021 C6



今回のお茶は、チャレンジ部門の6つ目になります!




謎のお茶X57 国産紅茶グランプリ2021 C61

茶葉はこんな感じ。焼きリンゴのような香ばしさ。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートは甘く芳しい火香。シナモンを思わせる、カラッとした枯れ感が続く。
ミドルノートはカラメルの甘さとドライな枯れ感。冷めてくると甘酸っぱいニュアンスとスパイシーな植物感が現れ、少しグリニッシュで若い印象を受ける。
ベースノートはドライな香ばしさ。
※詳細
・強度 トップ中、ミドル中、ベース弱
・個性 キレのある甘さ。ちょっとグリニッシュ。
・変化 ロースト・スイート→ドライ・シャープ・スパイシー→グリニッシュ・ドライ




[味]
軽い発酵感が甘く感じられる風味。戻り香は枯草。
口当たりはシャープ。
とろりとした甘味と、ほろ苦さが感じられる穏やかなトップテイスト。
ミドルでは酸・苦渋がメインになる。鈍く旨味の主張があり、エッジはあるもののトゲトゲしさは感じない。
ドライな塩味が続いてフィニッシュ。後味にもドライな感覚が残る。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ミディアム(ライト寄り)
・苦渋 苦みは控えめだが渋味は目立つ。ネガティブではない。
・雑味 エッジ。酸・苦渋の後にザラっとした舌ざわりが残る。ネガティブではない。
・個性 風味は軽い発酵感。甘味はしっかりしているが、後からシャープ。




軽めの風味!



香りが結構個性的な点はgoodですね!
和紅茶的な……甘い雰囲気はありつつ、ドライな火香からくるキレのあるグリニッシュさはダージリンファーストフラッシュに似たところがあります。野暮ったくない点が嬉しいですね。
惜しい点としてはドライ過ぎて強度がぼちぼちレベルにとどまっていること。
どうやらこれは大石さんのべにふうきらしい。なるほど!香りの雰囲気が良いのも納得です。

味わいは最初は甘めで後は結構ドライ。全体的にはシュッとしたシャープな飲み心地です。
めちゃくちゃバランスが悪いわけでは無いものの、ちょっとイカツイ部分が飲みにくいと感じますね。

難しいところですが、5.5点ぐらいが妥当という印象でした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: