fc2ブログ

記事一覧

リーフルダージリンハウス ダージリン2021FF キャッスルトン農園

リーフルダージリンハウス ダージリン2021ファーストフラッシュ キャッスルトン農園
価格:2160円/25g タイプ:リーフ 評価:★6






リーフルダージリンハウス ダージリン2021FF キャッスルトン農園
商品説明:
イキイキとした若葉の香りとフルーツのような甘みを帯びた茶の味わいは、後口にはミント系の爽やかな余韻を残し、何とも心地よいバランスを生み出している。ロットナンバーはDJ-1。



今回のお茶は、リーフルのキャッスルトン!
キャッスルトンのDJ-1や2の質は毎年安定しているので、なかなか期待できますね。




リーフルダージリンハウス ダージリン2021FF キャッスルトン農園1

茶葉はこんな感じ。小っさ!流石はDJ-1。
香りは甘い香ばしさに、ユリやゲッカビジンの花が混ざっている。雰囲気は、ルピシアの2021年ファーストフラッシュによく似ています。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートは、えびせんべいやウエハースを思わせる、カラッとした穀物+香ばしさ。ランの花の絡んだほうじ茶のような、穏やかで甘いニュアンスが続く。
ミドルノートはグリニッシュな枯れ感、ナッツのような香ばしさが感じられる。ざらりとしたドライなニュアンスの後、キョウチクトウのようなパウダリーな花香。冷めてくるとシロップやマスカットを思わせる甘いフルーティーさを感じる。
ベースノートは焼けた穀物、ドライフルーツ。
※詳細
・強度 トップ強、ミドル中、ベース弱
・個性 香ばしさをメインとし、花・グリニッシュ・フルーティーと様々な要素が混ざったキャッスルトンらしい香り。
・変化 グレーン・ロースト・スイート→グリニッシュ・ドライ・フラワリー→スイート・フルーティー




[味]
風味は強く芳しい焙煎香。若干焼けてる感あり。
口当たりはまろやか、かつシャープ。
ほろ苦さ・甘味・酸味・塩味の混ざった、濃厚な液の流れを感じるトップテイスト。
ミドルでは一転し、塩味と苦渋が弱く響くだけの寂し気な雰囲気。
そのまま渋味が残り、ドライなフィニッシュ。後味には酸味が目立つ。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー フル
・苦渋 ほどよい強度。アクセントになっていてポジティブ。
・雑味 アタックはなし。酸・苦渋が残る感覚はある。ネガティブではない。
・個性 風味は強い香ばしさ。悪くないが良くもない。





ノリが今一つ!




香りは満点ですね。
キャッスルトンらしい香ばしさをベースに、花っぽさ・フルーツっぽさ・グリニッシュなど様々な要素が混ざった複雑な個性。強度は十分。また、ドライな部分がキレとして感じられ、野暮ったさがない点もポイントが高いです。

味わいは最初はいいものの、ミドル以降急に勢いを失ってあっけなさが感じられますね。
表面は濃厚なのに中身が味気ない……ここがルピシアの当たりロットとの大きな差です。

作るのが早すぎたね……という印象の味のお茶ですが、香りの安定度は最初から抜群だったようです。
来年のキャッスルトンにも期待しておきます!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: