fc2ブログ

記事一覧

奇古堂 凍頂烏龍茶 2020年冬茶

奇古堂 凍頂烏龍茶 2020年冬茶
価格:不明 タイプ:リーフ 評価:★6






奇古堂 凍頂烏龍茶 2020年冬茶





今回のお茶は、いただき物の台湾ウーロン茶!
凍頂の清香型……っぽいですが香りはほのかなナッツの殻。ちょっとだけ火が入っている様子で、分類的に何になるのかはよくわかりません。
茶葉は2.0g量り取り、湯量40mLで温度は100度。最初50秒、二煎目はマイナス5秒、その後一煎ごとに10秒ずつ増やし、多煎抽出で淹れました。





・1煎目:抽出時間50秒
香りは穏やかな香ばしさ。クリスピーな枯感がメイン、穀物感と発酵のニュアンスもあり、香ばしさが目立つ。
口当たりはまろやか。余韻は小、ボディーはフル。
強い甘味が広がるトップテイスト。
ミドルでは酸・塩味による凝縮感、続く旨味でコクが感じられる。ミネラルの甘みによる優しいフィニッシュ。後味も甘やか。

・2煎目:抽出時間45秒
香りはあられのような素朴な香ばしさと軽いグリニッシュ。
口当たりはマイルド。余韻はなし、ボディーはミディアム。
甘味と塩味が感じられ、コクのあるトップテイスト。ミドルでは鈍い旨みが合流し、じんわりとした甘さが広がる。
ジューシーな甘じょっぱさのあと、エッジが入ってフィニッシュ。後味は少し甘い。

・3煎目:抽出時間55秒
香りは軽やかなグリニッシュさと枯感、あられのニュアンス。
口当たりはまったり。ボディーはライト。
主張がかなりダウン。ほのかな甘みが長く続き、塩味が甘みを時折感じさせる。その後、酸・渋のエッジによりさっぱりしたフィニッシュ。後味はドライな塩気。

・4煎目:抽出時間65秒
香りは少し旨みのある香ばしさと、軽いグリニッシュ。
マイルドなお湯という印象。
後味は凝縮感のあるエッジ。






コクが強い!




冬なので香りは地味ですね。
火が比較的強めなのか、茶葉自体の香りの主張が控えめなのか、香ばしさが安定して感じられます。

味わいはとても丸い印象を受けます。
1、2煎目は甘みの広がりとコクによる充実した味わい。ボディーの強さを活かされているなと感じられますね。
凍頂らしさの良く出たお茶でした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れたシングルオリジンのダージリン・和紅茶のレビュー。緑茶や烏龍茶、フレーバードなどお茶であれば産地・製法・価格問わず紹介しています。
様々なお茶が手元に来るので、余剰があればお分けすることもできます。
Youtubeもちょっとやってみようと思います。

ブログの更新は毎日昼の12時。
何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: