fc2ブログ

記事一覧

大石農園 対馬紅茶 Mitake 2020

大石農園 対馬紅茶 Mitake 2020
価格:756円/20g タイプ:リーフ 評価:★7






大石農園 対馬紅茶 Mitake 2020
商品説明:
使用品種はべにふうき。御嶽山麓の茶園の茶葉を手摘みして仕上げた特別な紅茶。口に含んだ瞬間に、フルーティーで華やかな香りが広がる。口当たりは優しい。



今回のお茶は、大石さんのお茶の真打、Mitake!
同じ手摘みなので、先に紹介した手摘みリーフの上位互換といえそうな商品ですね。
ティーフェスのコンテストでも入賞しているので期待大です!




大石農園 対馬紅茶 Mitake 20201

茶葉はこんな感じ。香りは甘酸っぱいフルーティーさ。こちらはシルバーポットよりも手摘みリーフ版に近い雰囲気ですね。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートはドライな枯れ感と甘酸っぱいフルーティーさ。サンザシと桃香を足したような雰囲気。
ミドルノートは香ばしさメイン。桃香の甘酸っぱさとともに、穏やかな枯葉の香ばしさが安定して感じられる。冷めてくると少しシャープになり、カラント系の甘酸っぱさ、果実の皮のようなニュアンス。
ベースノートはドライな枯れ感、シロップ漬けのフルーツ。
※詳細
・強度 トップ強、ミドル中、ベース弱
・個性 最初からインパクトのあるフルーティーさ。
・変化 ドライ・フルーティー→シャープ・フルーティー・ロースト→ドライ・スイート




[味]
風味は桃香混じりの軽い焙煎香。
口当たりはまろやか。
とろんとした甘味が感じられ、酸・苦渋が続く緩急のあるトップテイスト。
極わずかに甘苦さがあるものの、酸・塩味によるジューシーで小ざっぱりとした印象のミドルテイスト。
少々ざらつくエッジを感じつつ、甘みのあるフィニッシュ。後味はドライな甘み。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 エッジとしてキレを感じられる。特に刺激や野暮ったさはなくポジティブ。
・雑味 ドライな点は気になるものの、荒くはないのでネガティブではない。
・個性 風味は控えめな桃香。バランスは保ちつつ紅茶らしいインパクトがある。






優等生!






香り・味の強度とバランス秀逸で、べにふうきらしい桃香もあってよくできた和紅茶だと思います。
個性という意味では他のロットの方が面白みがあるものの、トップノートが一番際立っているのが好印象でした。冷めたら冷めたでドライなフルーティーさがありますしね。

私的には一番好きです。
この記事を書いている12月中ではまだ販売中みたいなので、興味がある方は無くなる前にどうぞ!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: