fc2ブログ

記事一覧

岩茶房 奇蘭 2019

岩茶房 奇蘭 2019
価格:不明 タイプ:リーフ 評価:★6





岩茶房 奇蘭 2019



今回のお茶は、いただき物の✨奇蘭✨

小梅の奇蘭はとても個性的でしたが、別のお店で扱っているものはどうなんでしょう?ということで飲み比べてみます。
花が強いのか、やはりフルーティーなのか……?
茶葉の香りは焦がし煎餅。醤油っぽい旨みの中にメローなフルーツのニュアンス。
ふーむ、コイツもフルーティーっぽいですね。


茶葉を1g量り取り、洗茶(約12mLの熱湯を入れて即捨て0煎目)。その後湯量25mL、熱湯での多煎抽出。蒸らし時間は1煎目20秒。2煎目以降は10秒ずつプラスしました。




・0煎目
香りはほんのり蜜っぽいプリムラの花。
マイルドな甘みのあと、雑味らしいエグさの渋みと塩味が残る。

・1煎目:抽出時間20秒
香りは蜜香に近い。ライチを思わせる華やかで瑞々しいフルーティーさと、程よい炭火の香ばしさ。
風味は蜜香風の華やかでメローなフルーティーさと旨みのある枯感。
口当たりはあっさり。余韻はなし、ボディーはミディアム寄りのフル。
酸味がメインのトップテイスト。ミドルでは塩味がほのかに混ざり甘みが感じられるが主張は控えめ。酸・渋味のエッジが入りさっぱりとしたフィニッシュ。

・2煎目:抽出時間30秒
香りはドライな枯感。炭火の旨みとともにベリー系の乾燥フルーツのニュアンスが感じられ華やか。
風味は少し蜜っぽいフルーティーさ。ネクタリンのような甘さ。
口当たりは水っぽくシャープ。ボディーはライト寄りのミディアム。
トップの主張はさらに落ち、主張はほとんどなし。ミドルでは酸味と塩味が弱く感じられる。その後塩味がじわっと舌の上に甘さを残し、エッジが入ってフィニッシュ。

・3煎目:抽出時間40秒
香りは軽い炭火の香ばしさ、甘い蜜。
戻り香にシロップ漬けフルーツ。
ボディーはライトで口当たりは水っぽい。
口に入れると雑味のないミネラルウォーターという印象で、ミドルでは酸・塩味の凝縮感が弱く感じられる。鈍い旨味混じりの渋味でフィニッシュ。

・4煎目:抽出時間50秒
香りは少し甘い香ばしさ。
風味はほのかに桃系のフルーツ。
ボディーは無くなり、ほのかにしょっぱいミネラルウォーター。





雰囲気が可憐!




香りは蜜香紅茶に近いですね。
旨味のある火香と絡んだ乾燥フルーツのニュアンスが非常に魅力的です!
風味はフルーツ感がバリバリ薫っていた小梅と比べるとおとなしめ。代わりに円熟感がありますね。

荒さがあるものの、甘味の主張が強かった小梅のロットに対し、こちらは最初から控えめな感じ。
ぶっちゃけスカスカな印象さえ感じますが、雑味が少なくエッジが綺麗で飲み心地の良さはこちらが上ですね。おとなしいといっても風味はちゃんとあるので、まるでフルーツフレーバーがあるミネラルウォーターのよう。烏龍茶としての出来映えは高いと感じます。
……岩茶としてはちょっと物足りないですけどね。

これだったら忘れたころに飲みなおしたいなと感じました!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: