fc2ブログ

記事一覧

平岡園 熟成和紅茶 2014春摘み 三富紅茶 こまかげ

平岡園 熟成和紅茶 2014春摘み 三富紅茶 こまかげ
価格:756円/30g タイプ:リーフ 評価:★6






平岡園 熟成和紅茶 2014春摘み 三富紅茶 こまかげ
商品説明:
使用品種はこまかげ。7年間蔵で熟成させた和紅茶。まろやかで深みのある味と香りが感じられる。




今回のお茶は、いただき物の和紅茶!
これは埼玉県・狭山のお茶らしい。紅茶で以前飲んだのは……比留間さんのところの和紅茶ですね。ということは丸2年ぶり!
他の産地よりもユニークな品種が多い印象ですが、この「こまかげ」というのもそういう名前の品種らしい。初めて聞きましたね。
ちなみに玉露向きの宇治発祥なのだとか。……紅茶にして美味しいのか?とは思うものの、2021年の国産紅茶グランプリ・チャレンジ部門ではごこうを使った蜜香紅茶とかありましたし……ワンチャンあるかもしれません。



茶葉の香りはドライなウッディーさ。少しカラメルの甘さ。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートはこんがりと焼けたカラメルのような甘さ。
ミドルノートはドライな枯れ感、材木、干しシイタケ。冷めてくるとドライローズマリー、乾燥唐辛子のような鈍いハーブやスパイス感。
ベースノートはカラメル、オークのウッディーさ、枯葉。
※詳細
・強度 トップ中、ミドル強、ベース中
・個性 キレのある干物という印象。
・変化 ロースト・スイート→ドライ・ハーバル・スパイシー→ウッディー・スイート




[味]
風味はべっこう飴系の甘さに、陳年香が混ざっている。
口当たりは滑らかかつドライ。
口に含むと渋味と酸味があるものの、刺激的ではない。マイルドな舌ざわりで流れ、長いエッジが残る。
ミドルではエッジの後で甘味が現れ、ドライな感覚が少し和らぐ。
まろやかな塩味といまだに残る渋みでフィニッシュ。後味はドライ。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 苦味はほぼ無し。渋みは刺激的ではないが長く残る。ネガティブ。
・雑味 角はだいぶ取れているのが分かる。が、それでもなおドライ。ネガティブではない。
・個性 風味は陳年化による複雑さ。味わいは雰囲気柔らかめだが渋味が強力。






思った以上にパワフル!




香りは時を経て乾物のような要素が色々感じられますね。
微妙に爽やかなニュアンスがあるものの、基本はウッディーさでファーストフラッシュ感は弱めです。
強度がしっかりしている点がgood。

味わいはかなり柔らかい口当たりなのですが純粋に渋いですね。
これは長く蒸らしてはいけないタイプだったようです。それでも刺激や苦みはないので、温度を下げる必要性はなさそう。

ということでセイロン風に蒸らし時間を短く、蒸らし時間を2分半まで縮めました。
結果は渋みの強度がガラッと変わり、フィニッシュにわずかな主張を見せるのみ!基本はまろやかな甘みという印象です。

やぶきたのような主張激しさはないものの、渋みが強いので新茶だと結構イカツイかもしれません。これは熟成して正解なお茶だと感じました!上等な茶という感じではないですが、ちょっと工夫して淹れればかなり安価で熟成の丸みを感じられるのは嬉しい。
ちょっと優し過ぎな感じもしますが、特にそういうお茶が好みの方にはオススメできます!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: