fc2ブログ

記事一覧

如春園 こゆるぎ紅茶 2020年セカンドフラッシュ

如春園 こゆるぎ紅茶 2020年セカンドフラッシュ
価格:650円/30g タイプ:リーフ 評価:★2






如春園 こゆるぎ紅茶 2020年セカンドフラッシュ
商品説明:
三番茶の時期(8月上旬)に摘み、酸化発酵を経た。従来の和紅茶のイメージに近い、春摘みにはないコクを感じる紅茶。



今回のお茶は、こゆるぎのセカンドフラッシュ!
どうもここはファーストフラッシュが得意そうな雰囲気なので期待はしていないものの、せっかく利用するならチェックしておくかとチョイスしました。春より価格はちょっと安いです。




如春園 こゆるぎ紅茶 2020年セカンドフラッシュ1

茶葉はこんな感じ。香りは乾燥唐辛子。枯感がしっかり出ていて、和紅茶っぽくないキレのある香り。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしましました。







[香り]
トップノートはカラっとした印象を受けるクリスピーさ。そこに弱く甘い砂糖系のニュアンスがある。
ミドルノートはドライな枯葉がメイン。ほのかな甘酸っぱさと共に、発酵し過ぎによると思わしき蒸れ感が見える。
ベースノートはロースト感。
※詳細
・強度 トップ中、ミドル中、ベース弱
・個性 最初にキレはあるが、あとからぼやける。
・変化 クリスピー・スイート→ドライ・シャープ・蒸れ臭→ロースト



[味]
風味はぼやけた水っぽいコゲ感、戻り香は穀物っぽさ。
口当たりはシャープ。
苦渋と酸味によるパンチを感じるトップテイスト。
ミドルではそれらが絡んで甘苦いエグみが生まれている。
酸・渋味のエッジが奔りフィニッシュ。後味にはほろ苦さと塩気が残る。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 セイロンに近い味の感じ方。アタックは強くなくネガティブではない。
・雑味 和紅茶のエグさがあってネガティブ。
・個性 風味はダーク。味の荒さはファーストフラッシュよりマシ。





キャラが悪い!




味は尖っているけど香りは良い感じだったファーストフラッシュとは逆!
香りと風味が残念です。

高温でガっと乾燥したのかキレのある香りではあるのですが……その奥にぼやけた蒸れっぽさ・水っぽい雰囲気があるのがネガティブ。風味も同様で、好ましい個性ではありません。

味は荒くないけどエグイところはあるという感じ。
全体的に和紅茶の良くない部分が出ているので美味しいとは言いにくいですね……。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: