fc2ブログ

記事一覧

Gclef アッサム2021SF モカルバリ農園Special OR-283

Gclef アッサム2021セカンドフラッシュ モカルバリ農園Special OR-283
価格:1944円/50g タイプ:リーフ 評価:★7






Gclef アッサム2021SF モカルバリ農園 OR-283
商品説明:
アッサム特有のモルティな香気に、ティップ由来のアーモンドのような香りが乗り、加えてストロベリージャムのような香りが感じられる。味わいは澄んでおり、一方で芯もある。ロットナンバーはOR-283。




今回のお茶は、ジークレフからリリースされたモカルバリ!
こちらは先に紹介したものよりも少しだけ高くゴールデンティップスがより多く入っているらしい。また、等級も「1」とついているのでグレードの良いものですね。





Gclef アッサム2021SF モカルバリ農園 OR-2831

茶葉はこんな感じ。282番よりもモルティー香は控えめですね。代わりに、新芽っぽさが出ていて、こちらの方が上品な印象を受けます。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートは菜の花やランの花の甘さに、メントール系の爽やかさが加わった華やかな香り立ち。
ミドルノートはドライな枯葉。ほのかにナッツのニュアンスと濃いカラメルのニュアンスが合わさり、単にモルティーというよりはウイスキーやラム酒に近い。甘さと陶酔感を覚える。
ベースノートはハチミツ、穀物。
※詳細
・強度 トップ強、ミドル強、ベース中
・個性 酒っぽい複雑さと気品がある。
・変化 フローラル・ハーバル→ドライ・ナッティー・スイート・モルティー




[味]
風味は花のニュアンスが強めのモルティーさ。
口当たりはまったりかつシャープ。
口に含むと穏やかな甘みの広がりを感じるトップテイスト。
ミドルでは旨味混じりの酸味と塩味が現れ、シャープな雰囲気。また、重くはないが苦渋が続いてコクが生まれている。
塩味・酸味・渋味による甘じょっぱいフィニッシュ。後味はドライな甘み。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ミディアム(フル寄り)
・苦渋 丸みを帯びた刺激の少ない苦渋がある。ポジティブ。
・雑味 渋みと塩味が絡んでちょっとドライ。尖ってはいないが甘やかという感じでもない。ネガティブではない。
・個性 風味は華やかなモルティー香。少しキレがあるものの、全体的に角が立っていない。





香りがとても魅力的!




トップからしっかり香ってくる上等なクローナルですね!
思った以上にモルティーさは控えめ、その代わりに花とハチミツ、その他が入り乱れる複雑な香りになっています。
びみょ~にナッティーな点がなんだかウイスキーっぽくて素敵です。

味はOR-282に少しコクを持たせた感じ。
美味しさがアップしているものの、ラストのドライさがちょっと引っかかるのは変わりませんね。

かなり良いのは間違いなし!
が、欲を言えばほんの少し余韻があるがマイルドさが欲しいか……というところ。
悩みましたが、評価は7.5点。
アッサムで個性を求めるとかなり高価になってくるので、お買い得なお茶だと感じます!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: