fc2ブログ

記事一覧

丸久小山園 天授 2019

丸久小山園 天授 2019
価格:5400円/20g タイプ:抹茶 評価:★9






丸久小山園 天授
商品説明:
全国茶品評会で賞をもらった抹茶。濃茶で特徴のある味と香りを楽しめる。



抹茶を飲むのはごくたまになので、非常にスローペース。ようやく小山園の最上位です。
品評会に出てくるロットで、天からの授かりものという良い名前が付けられた抹茶ですね。又玄以降は雲鶴は尖りがダウン、長安は旨みが強いと露骨にグレードアップしてきましたが、ここまでくるとどうなるか分かりません。
飲んだ日にちは1月2日、お供は買いに走った新春の和菓子です
白・緑・赤で揃えたかったので紅梅と花びら餅。

うーむ🤔上から撮ると「プラ」が輝いてらぁ……。
ブログ書く際に気が付きましたが、美味しくいただいた後なので時すでに遅し!ちくしょー、加工出来ないかな?と思ったものの、テクノロジーが足りないので余計なことはやめました。気になる方は心の目でセルフ加工をお願いします。




丸久小山園 天授1
丸久小山園 天授2

茶葉はこんな感じ。香りは濃厚な旨み。ふるっている時点でもう凄い!
抽出は薄茶2パターン。
茶葉は1.5g量り取り、湯量60mL。余熱は無し、温度は70度、80度に設定。慣らしは10秒、立てるのに40秒、肌理の整えに10秒使いました。

及び、濃茶は1パターン。
茶葉は2.0g量り取り、湯量30mL。余熱はあり、温度は70度。初めに半分お湯を入れて慣らしは20秒、強く練って20秒、その後残りの半分を加えて10秒ほど練りました。






〇薄茶
丸久小山園 天授3

・実質温度60度
香りはシリアルのような甘さを伴う香ばしい抹茶。
とろけるような優しい口当たり。余韻は中、ボディーはミディアム。
甘味が強く広がるマイルドなトップテイスト。ミドルでは極僅かな苦さが甘味に混ざってくるが、刺激はゼロ。すぐに塩味に変化する。その後、嫌味のない旨味とミネラル感が続き深いコクが感じられる。
その後エッジが入り、小ざっぱりとしたフィニッシュ。後味は滋味深い。


・実質温度70度
香りは甘さに少しウッディーさ、グリニッシュさが混ざり爽やかさが出た。
口当たりはマイルド。
温度は上がっても苦みはほとんど感じない。甘味と旨味の溶け合ったまろやかなトップテイスト。ミドルでは酸味と塩味と共に旨味が広がり、その後じわじわとミネラルが主張する。シャープな酸・渋でキレのあるフィニッシュ。後味は甘やか。



・実質温度80度
香りはスッキリとした旨味。ほんのりグリニッシュな爽やかさがある。
口当たりはサラサラ。
酸・塩味混じりのジューシーな旨味を感じるトップテイスト。ほどよい苦さを伴う旨味とミネラルによる濃厚なコクが形成。
さっぱりとしたエッジの後、ジンジンと旨味が舌の上で主張をし、まろやかなミネラルを感じ続ける。




〇濃茶
香りは濃厚な旨味。
口に含むと塩気を含む強烈な旨味。ほんの僅かな甘苦さを感じ、その後は酸味とミネラルがビリビリと主張する。飲み込んだ後も、余韻と共に舌の上が長く長く甘じょっぱい。





クオリティが跳ね上がった!




一個下のグレード「長安」も美味しい抹茶でしたが、コイツはちょっと違いますね……!
余韻が凄いんだ!


抹茶の旨みは思った以上に目立ちません。いや、強いんですけれど、それ以上にミネラル感が強力なんです。
そしてこれ、全く尖りがありませんね。苦渋味はゼロではないですが、ほんのちょっと感じるのみ。むしろあるおかげでコクやキレが生まれているくらいです。

この商品で最も驚いたのは、薄よりも濃の方が美味しい点ですね。
長安ですら濃茶にするとちょいとシャープ。泡立てて口当たりを柔らかくした薄の方がぶっちゃけ美味しいと感じます。
しかし天授を濃で練ると、旨味とミネラル感が強烈に残るため、薄で感じるキレが消え失せます。
じわじわじわ~と残り続ける滋味が、甘みが、たまらんっ!
こればっかりは費用がかさんでも濃にしたいと感じます。

正に濃のためと言わんばかりの上質さ。
口当たりの良さ、主張の強さ、余韻の存在感全てが揃った見事な抹茶でした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: