fc2ブログ

記事一覧

奇古堂 阿里山烏龍茶 2021年春茶

奇古堂 阿里山烏龍茶 2021年春茶
価格:不明 タイプ:リーフ 評価:★5






奇古堂 阿里山烏龍茶 2021年春茶



今回のお茶は、いただき物の台湾茶!
さて、こちらも阿里山。香りからするとこれも青心みたいですね。
春ということで香りに期待していきたいと思います!


茶葉の香りは穏やかなラン花香。スッキリとした青み。
茶葉は2.0g量り取り、湯量40mLで温度は100度。最初50秒、二煎目はマイナス5秒、その後一煎ごとに10秒ずつ増やし、多煎抽出で淹れました。





・1煎目:抽出時間50秒
香りはドライな枯感とランの花。キレのある香りの中に、フレッシュな青のりのような旨みを感じる。
風味は若葉のニュアンス。戻り香は少しボタニカル。
口当たりは瑞々しい。余韻はなし、ボディーはライト。ほのかな塩気を伴うミネラル感が流れる素朴な味わい。じんわりとした甘味が続き、エッジによるさっぱりとしたフィニッシュ。

・2煎目:抽出時間45秒
グリニッシュな枯感とラン花香が香ばしい香り立ち。冷めてくるとクリーミーな穏やかさを帯びてくる。
風味はグリニッシュ、花、穀物。中程度でなかなか強い。
すでにボディーが無くなり、口当たりは瑞々しい。
ほのかな酸味と甘みを感じさせる塩気がある程度。弱いエッジでフィニッシュ。雑味はほとんどなし。

・3煎目:抽出時間55秒
香りは鈍い香ばしさ。青い枯れ葉、僅かな穀物感。
風味は桜の葉。
口当たりは瑞々しい。ほのかなに甘酸っぱいだけで主張は希薄だが、存在感はあるので水っぽくはない。
僅かなエッジでフィニッシュ。

・4煎目:抽出時間65秒
香りはほんのりグリニッシュ。
ほのかな甘じょっぱさを感じる程度。鈍いミネラル混じりの渋みでフィニッシュ。






スッキリ!





高山の蒼い心地よさは弱いものの、程よくグリニッシュなラン花香は感じられ、フレッシュな雰囲気を放っていますね。ドライなニュアンスがあるため、キレと強度が出ていて芳しく個性が感じられます。

味は思った以上に控えめ。1煎目から薄味ですが、雑味も弱くなっている点はありがたい。風味が香りのようにしっかりと感じられる点はポイントですね。

おとなしい味わいで物足りなさを覚えつつ、香りのお茶としては楽しむことができました!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: