fc2ブログ

記事一覧

SHANTEA ネパール2017AF ジュンチヤバリ茶園HRHT

SHANTEA ネパール2017オータムナル ジュンチヤバリ茶園HRHT
価格:3000円/50g タイプ:リーフ 評価:★7






SHANTEA ネパール2017AF ジュンチヤバリ茶園HRHT
商品説明:
2017年秋に作られた、手揉みのHand Rolled Himalayan Tippy。まろやかでとろみのある、上品なお茶。渋みはなくとても優しい味。



今回のお茶は、興味のある方からのリクエストで試してみた、ちょっと昔のジュンチヤバリ。
購入した1月中旬では2021年のジュンチヤバリ秋冬の姿がなかったので手を出しました。そのあとラッシュが来たのでこうして後回しになったわけですが……。
2017年だとまだハンドクラフテッドへの移行前なので、HRHT=ハンドロールドです。





SHANTEA ネパール2017AF ジュンチヤバリ茶園HRHT1

茶葉はこんな感じ。香りはドライなバニラのようなニュアンスと、クリスピーな枯れ感。火香がそんなに強くない点以外は別に劣化は感じませんね。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートはブルーベリーのような甘さを伴う華やかな火香。香ばしい焼き菓子のような印象を受ける。
ミドルでは枯れ感が目立つようになったが、フルーティーで甘いニュアンスがある。冷めてくるとボタニカルさが加わる。
ベースノートはオークのようなウッディーさ、わずかな酸化臭。
※詳細
・強度 トップ中、ミドル強、ベース弱
・個性 複雑さ、圧は弱めだが、フルーティーさとボタニカルさは見られる。
・変化 ロースト・フルーティー→スイート・ドライ→シャープ・ウッディー・ボタニカル




[味]
風味は花蜜の甘さとフルーティーさ。
口当たりはマイルド。
口に含むとまったりとした甘みがあり、酸味と塩味によるジューシーな液の流れを感じるトップ。
ドライな渋みが合流し、少し収斂味のあるミドルテイスト。
じわじわと甘やかなミネラルが主張してフィニッシュ。後味はドライな甘み。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ライト(ミディアム寄り)
・苦渋 苦味はなし。渋味はあるがキレとして丁度いい。ポジティブ。
・雑味 収斂味が若干ざらつくが、トゲトゲしさはないのでネガティブではない。
・個性 風味は甘く香ばしい。緩急とコクのある味わい。





結構良い!





4年前とはいえ、まだイケますね。

香りは流石に古くなった感じがあります。まずトップのフレッシュさが弱い。そしてヒネた感じが極わずかにベースノートにありますが、火香がだいぶ飛んでいるために見えてきたようなもので、そこまで気になりませんね。代わりにフルーティーさはちゃんと感じられますし!

味わいはちょっと控えめ。余韻とボディーが弱くスケールが小さい感じは受けますね。
しかしこってりした甘みは舌の上に感じられるのはgood!


大当たりというほど凄いものではないものの、コストパフォーマンスは高いですね。
バランスよく美味しいですし、香りも味もジュンチヤバリ茶園の秋らしさが出ているのはポイントが高いです。このレベルはなかなかないんですから!
香りの魅力がダウンしているのが少々惜しく、元は7点あってもおかしくないお茶だったと思います。
新茶にこだわらず、安パイなジュンチヤバリを求めるなら良い商品だと感じました!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: