fc2ブログ

記事一覧

喫茶去一芯二葉 ネパール2021AF シャングリラ茶園マスカテル

喫茶去一芯二葉 ネパール2021オータムナル シャングリラ茶園マスカテル
価格:1080円/30g タイプ:リーフ 評価:★5






喫茶去一芯二葉 ネパール2021AF シャングリラ茶園マスカテル
商品説明:
ほのかなコクとフルーティーな味わいが楽しめる。優雅に広がる花のような香気。余韻には艶やかなマスカットフレーバーが香り、複雑な香気の絡み合いはお茶の味わいに深みを与えている。



今回のお茶は、シャングリラのオータムナルですね。
シャングリラは別にいいかな~、と思っていたのですが、後からジュンチヤバリが来たという流れでついでに購入。
価格が安い割に、なんだかすごく良さげな説明が書かれていましたしね!




喫茶去一芯二葉 ネパール2021AF シャングリラ茶園マスカテル1

茶葉はこんな感じ。香りは強いウッディーさ。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートはこんがりとした火香。雰囲気はやや暗めでドライ。
ミドルノートはメインにウッディーさ。ほのかなナッツと枯葉が混ざっている。冷めるにつれて火香が落ち着き、穏やかな印象へと変化するが、現れるのはピュアなオークのウッディーさ。
ベースノートはドライな枯れ感、ウッディーさ。冷めるとムスク。
※詳細
・強度 トップ弱、ミドル強、ベース中
・個性 非常にウッディーさが目立つ。フルーツの要素は皆無。
・変化 ロースト・ダーク・ドライ→ウッディー・ナッティー・ドライ→ウッディー・ムスク




[味]
風味はもっさりとしたウッディーさ+ハーブ。
口当たりはマイルド。
酸味、ほろ苦さ、甘味によって作られる丸みのある甘みが流れるトップテイスト。
ミドルでは苦渋・酸味がビターな主張をし、その後こってりとした甘味が続いてコクを感じさせる。
苦渋と塩味による少々エグイがマイルドなフィニッシュ。後味にはドライな塩気が残る。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 苦味の主張が結構ある。渋みはほどよい重み。ネガティブではない。
・雑味 苦味と酸味で少しエグイ。が、甘みでカバーは出来ているのでギリネガティブではない。
・個性 風味もひたすらウッディー。こってり感がある。






飲み応えはバッチリ!
マスカテルは……残念、ありません!







香りも風味もとにかく木……。
まあ、ダージリンでも「マスカテル」と名をつけてこのタイプが出てくることはたびたびあるので間違いではないかもしれません(そんなところ真似なくてもいいのですけどっ!)。
魅力や緩急に欠けるので私にはあまり合わないな……と感じますね。

味わいはずっしり!
ちょっと苦みがあるのは好みによるでしょうけど、甘みのある重たいコクがある点はgood!
オータムナルに欲しい重厚感が楽しめます。


ネガティブなのは主にクセがある個性の点。
一応安いので加点して、5点。
出来れば試飲して、自分に合うか試してから検討した方が良いお茶だなと感じました!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: