fc2ブログ

記事一覧

ルピシア ダージリン2021SF シーヨク茶園DJ-68

ルピシア ダージリン2021セカンドフラッシュ シーヨク茶園DJ-68
価格:2000円/30g タイプ:リーフ 評価:★6






ルピシア ダージリン2021SF シーヨク茶園DJ-68
商品説明:
ふわりと立ち上る熟した果実の香り。清らかで甘い味わいと深い飲みごたえが魅力。ロットナンバーはDJ-68。




今回のお茶は、ルピシアのサイレントリリースから。
セカンドでルピシアが出したものの中では高価!
結構期待できそうですね。




ルピシア ダージリン2021SF シーヨク茶園DJ-681

茶葉はこんな感じ。香りはクリスピーな香ばしさ。62番と違ってフルーツの気配は感じませんねぇ。ただ、コイツちょっと余韻がありますね。質は結構良いと思われます。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートは少しボタニカルなニュアンスのあるクリスピーな香ばしさ。
ミドルノートは枯れ感が先行。ウッディーさがあり、その中にわずかにフルーツが熟したようなニュアンス。それっぽさはあるが、強くはない。冷めてくるとぼやっとしたウーロン系の軽やかな香ばしさになるため、火の影響がダウンしてフルーティーな雰囲気がアップする。
ベースノートはメープルシロップ、ウッディーさからくるムスク。
※詳細
・強度 トップ中、ミドル中、ベース中
・個性 若干ボタニカルでフルーティー。マスカテルはない。
・変化 ボタニカル・クリスピー→ロースト・メロー→フルーティー・スイート・ムスク




[味]
風味は強めのウッディーさ。戻り香はわずかに「甘酸っぱい。
口当たりは太いがシャープ。
甘味はあるが、それでも酸味・ほろ苦さからくるアタックが気になるトップ。
ミドルでは尖りがダウン。旨味が苦渋・酸味を抑えてマイルドなビターテイストに落ち着く。
その後塩味が目立つようになり、刺激の少ない苦渋が広がってジューシーな印象。後味は少しシャープ、後から甘みが増す。
※詳細
・余韻 小
・ボディー フル(ミディアム寄り) 
・苦渋 最初はちょっと荒い。後からは良い感じだが、苦味はあるのでギリでネガティブ。
・雑味 若干ドライな感覚は残るが、甘みでカバーは出来ている。ネガティブではない。
・個性 風味はウッディーさメイン。コクのある太めの味わい。





どしっと来る!





香りはウッディーさが目立ち、ほぼほぼフルーツは出てきません。ただ、ちょいとスッキリとしたハーブっぽさがあるので、もしかすると使用しているのはシーヨク121かもしれないですね。
全く無個性とは言わないですが、強みになるほどでもないという感じです。


一方味わい。
一言で言えばパワフル!
まずボディーが上で味わいが広がりますし、苦渋の主張もあってコクのあり飲み応えが〇。加えて余韻があるので厚みが感じられます!
惜しいのは苦みが前に出過ぎる点でしょうか。ちょっとバランスが悪いかなと感じますね。

62番とは真逆のロットなので比べてみると面白さがありますし、価格に対してまあまあ妥当な質と思います。福袋で手に入ったのならちょっと嬉しいかもしれませんが……今わざわざ買うべきというほど優れたロットだとは感じませんでした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: