fc2ブログ

記事一覧

青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 2021秋摘み

青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 2021秋摘み
価格:900円/30g タイプ:リーフ 評価:★7






青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 2021秋摘み
商品説明:
使用品種はべにふうき。香りは驚くほど豊かで、スパイスと砂糖漬けの柑橘類の芳香に爽快感も加わっている。




青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 2021秋摘み1


茶葉はこんな感じ。香りはクリスピーな香ばしさと蜜っぽい甘さ。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートはボタニカルさ混じりの蜜っぽく甘い火香が華やかに感じられる。
ミドルノートはドライな枯れ葉、スパイスのニュアンスを帯びたウッディーさ。冷め始めるとメントールが現れ、スッキリとした印象を受ける。冷めるとボタニカルさと陳皮のようなフルーツの雰囲気が感じられる。
ベースノートはカラメルの甘さ、ドライな香ばしさ。
※詳細
・強度 トップ強、ミドル強、ベース中
・個性 説明通り。甘い雰囲気が一番印象に残る。
・変化 ボタニカル・スイート・ロースト→ドライ・スパイシー・ウッディー→クール・フルーティー・ボタニカル




[味]
風味は軽い香ばしさ。戻り香は柑橘系の爽やかさ。
口当たりは少しシャープ。
口に含むと甘みが感じられるものの、すぐにずっしりとした重たい苦渋と酸味が現れる。
ミドルでは塩味・ほろ苦さがメインとなり穏やかな印象。
酸・渋のエッジが入ってドライなフィニッシュ。後味には甘やかな旨味が残る。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー フル
・苦渋 きつくはないが、野暮ったく感じる。ネガティブではない。
・雑味 ざらりとした塩気、甘苦さが残る。ネガティブ。
・個性 風味はボタニカル&フルーティー。荒いが悪くない。





何とかバランスはとれている!





香りは桃香系ではありませんね。
かなりボタニカルで、ファーストに近い個性を持っています。
強度が素晴らしく、最初から最後まで香りを楽しめる点はgood!

味わいは結構ガタガタです……。
ドスの効いた苦渋と、まろやか~な甘み・旨味・塩味が変わりばんこに顔を出すような感じ。
落ち着きがなく安定感のなさがマイナスですが、平均するとまあまあ。
後味が良いのが幸いしているのかもしれませんね。

非常に華があって、なんだかんだで味は悪くなく、価格は安価!
ちょっと驚くオータムナルでした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: