fc2ブログ

記事一覧

シルバーポット ニルギリ2022QS グレンデール茶園Golden Twirl

シルバーポット ニルギリ2022クオリティーシーズン グレンデール茶園Golden Twirl
価格:3000円/50g タイプ:リーフ 評価:★6






シルバーポット ニルギリ2022QS グレンデール茶園Golden Twirl
商品説明:
使用品種はB/6/62。スミレ、ヒヤシンスの瑞々しい春の花に混ざってユリや蘭、ハーブにハニーも顔をのぞかせる。可憐な味わいと生命力に満ちた香りのバランスが良く、今年は完成度が高い。



今回のお茶は、ニルギリ!
近年ダージリンの方が早いですが、春といえばニルギリ!
そして、今年はグレンデールのトワールが来たので試してみることにしました。へんてこな品種ですが、去年TEAPONDで見たやつですね。スッキリ感は弱い印象ですがどんなものか。





シルバーポット ニルギリ2022QS グレンデール茶園Golden Twirl1

茶葉はこんな感じ。香りは少し蜜っぽい甘さに穀物のニュアンス。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。







[香り]
トップノートはなし。
ミドルノートは穏やかな花蜜。ペチュニアのような甘い花がメインで、ラベンダーのような酸のニュアンスと、蜜っぽい甘さが続く。冷めてくると微妙にボタニカルさがアップするが、畳のような雰囲気で若さは弱い。
ベースノートは焼けた穀物を思わせる香ばしさ。
※詳細
・強度 トップなし、ミドル中、ベース弱
・個性 トップノートは貧弱。花がメイン。
・変化 スイート・フラワリー・シャープ→グリニッシュ・ドライ・ロースト




[味]
風味はセイロンに近い酸化臭とドライな枯れ感。
口当たりはまろやか。
酸味・塩味・ほろ苦さが混ざったパンチを、続く強い甘味で覆ったようなパワフルなトップテイスト。
ミドルでは塩味と旨味が感じられコクがある。
弱い酸・渋のエッジによるさっぱりとしたフィニッシュ。後味には甘やかな塩気が残る。
※詳細
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 苦味はアクセント。渋みはキレとしてわずかにある。ポジティブ。
・雑味 塩味とほろ苦さがしっかり残るのでクリアではない。が、尖りはなし。ポジティブ。
・個性 セイロン臭い風味。バランスが良く、味わいもしっかり。





ガツンとした味わいが印象的!





香り・風味は少し野暮ったいというか、心地よさが今一つな印象。
春茶らしいフレッシュさがほとんどなく、どちらかというと初夏をイメージするような感じですね。
また、微妙に酸化臭があって安っぽいセイロンみたいになっているのはちょっとマイナス。

一方味は、余韻がない代わりにパワーがあります。
塩味が比較的ある点はファーストフラッシュっぽいですが、中盤の強い甘みはセカンドフラッシュに近い雰囲気。グッとくるコクは大きなポジティブ要素です!

評価は6.5点といったところ。
結構美味しいですが邪道な感じ。このなんとも言えないかんじは、あれですね。
ダージリン・アンブーティア茶園みたい!
ちょっとズレた個性に?が浮かぶニルギリでした!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: