fc2ブログ

記事一覧

TeaGardenia NILGIRI HIGHLAND WHITE 2022

TeaGardenia NILGIRI HIGHLAND WHITE 2022
価格:20.16ドル/50g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:低 評価:★3





TeaGardenia NILGIRI HIGHLAND WHITE 2022
商品説明:
ライトボディーの味わいで、アルフォンソマンゴーのようなフルーティーさを帯びた花香と、グリニッシュさが感じられる。




今回のお茶は、サンプル品のニルギリですね。
茶園などは不明ですが、今年のものではあるらしい。
たまに国内でもニルギリ白茶は見かけますが、基本スルーしているのでちょっと試してみましょう。




TeaGardenia NILGIRI HIGHLAND WHITE 20221



茶葉はこんな感じ。香りは黒文字のようなスパイシーさ、穀物っぽさ。
萎れた葉っぱのようで、外見は良い感じですね。
茶葉は0.8g量り取り、湯量40mL、熱湯で多煎抽出。1煎目は30秒、2煎目以降は10秒蒸らしました。




・1煎目:抽出時間30秒
トップノートはカラッとした、軽やかな旨みを感じる火香。
ミドルノートは枯草のようなグリニッシュさと、黒文字のスパイシーなウッディーさが香りフレッシュな雰囲気。
ベースノートはほのかなカラメル、ドライな枯感。
風味は穀物の香ばしさ。
口当たりは瑞々しい。余韻はなし、ボディーはほぼなし。
軽い飲み心地で、トップでは酸味が弱く感じられる程度。ミドルでは旨味が主張するが、強度は弱め。少しざらつきが舌の上に感じられ、荒めの塩味でフィニッシュ。微妙なミネラル感が残る。


・2煎目:抽出時間10秒
香りはほんの少し熟したフルーツのようなニュアンスがある。
ボディー、味の主張が消え、ほんのり甘いお湯という印象。後味に酸・塩味が僅かに感じられる。


・3煎目:抽出時間10秒
香りは微妙に香ばしい。
後味に僅かな塩気がある、穏やかな飲み心地のお湯という印象。






白茶というよりも緑茶っぽい!





花のニュアンスが希薄で、グリニッシュさと火香が目立っているので「ほぼ緑茶だな」と感じました。
しかし味は白茶ですね。
味わいが希薄……なのは良いですが、茶葉の質があまりよくないので美味しいとは感じません……。

そこそこ個性のある香りと、苦みの無さはポジティブな点として挙げられますね。
思ったよりも刺々しくないので、飲みやすいと思います!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: