fc2ブログ

記事一覧

ルピシア ダージリン2022FF キャッスルトン茶園TIPPY CLONAL

ルピシア ダージリン2022ファーストフラッシュ キャッスルトン茶園TIPPY CLONAL
価格:3200円/40g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★6.5





ルピシア ダージリン2022FF キャッスルトン茶園TIPPY CLONAL
商品説明:
瑞々しい花香と、ブドウを思わせるフルーティーな余韻が重なる。花と果実のいいところどりのようなお茶。ロットナンバーはDJ-18。





今回のお茶は、ルピシアのニューリリース!
スペシャルティーとしては扱われていませんが、キャッスルトンのムーンライト以外のクローナルロットはレアなので、結構楽しみなロットです!





ルピシア ダージリン2022FF キャッスルトン茶園TIPPY CLONAL1

茶葉はこんな感じ。香りはナッツのような香ばしさを帯びた枯草。青みは結構残っていますね。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
ルピシア ダージリン2022FF キャッスルトン茶園TIPPY CLONA4L

・寸評


香ばしさの中に色々あり!



※詳細
トップノートはプリムラを思わせる蜜っぽい甘さの明るい花香。ナッツや樹皮のようなドライな香ばしさが続く。
ミドルノートは全体的にナッツの殻のような香ばしさ。微妙に青みがあってハーバルで、ドライローズマリーのような雰囲気。冷めてくると香ばしさが晴れて甘さが出てくる。白ブドウっぽいグリーンフルーツのニュアンスが感じられる。
ベースノートは枯れ葉の香ばしさ。クローナルムスク。
・トップ強、ミドル中、ベース弱





[味]
ルピシア ダージリン2022FF キャッスルトン茶園TIPPY CLONAL5

・寸評


パワフル!!



※詳細
風味は軽やかな枯れ感。少しグリニッシュ。
口当たりはまったり。
口に含むと厚みのある甘味が広がる。
ミドルでも甘味は強いが、苦渋と酸味が主張し、少しシャープだがコクのある味わいになっている。
その後、雑味による刺激を感じながらフィニッシュ。後味は塩辛いが、しばらくすると旨味になる。
・余韻 なし
・ボディー フル
・苦渋 甘味に包まれているのできつくはないが、しっかりと主張して強い味になっている。ポジティブ。
・雑味 苦・渋・酸が雑多に舌に残ってイガイガする。あとから旨みにはなるものの、それでもネガティブ。





[総括]
香りはナッティーな香ばしさが基本。とはいえ、チャイナほどガッツリと火は入っておらず、ハーブ感も同じくらいありますね。最初に花が、最後にフルーティーさが出てくるといった具合で、温度の変化で雰囲気が変わる複雑な香りになっていて面白い!

味わいはとにかく力強い。
甘味も、苦渋味も、雑味も、ガッツリ!
ただし、甘みが少しだけ他よりも強いのがポイントですね。
それゆえ、完成度は高くはないのですが、フルボディーで展開される味同士が殴り合って調和しています。

ゴリ押しだけどなんだかんだで上手くいっている、実にキャッスルトンらしいロットでした!


ルピシア ダージリン2022FF キャッスルトン茶園TIPPY CLONAL6

こんな方にオススメ!
味の濃い紅茶が飲みたい方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: