fc2ブログ

記事一覧

ルピシア ダージリン2022FF ピュグリ茶園AHAANA

ルピシア ダージリン2022ファーストフラッシュ ピュグリ茶園AHAANA
価格:2600円/20g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:低 評価:★5




ルピシア ダージリン2022FF ピュグリ茶園AHAANA

商品説明:
ルピシアのためのエリアで作られた茶葉のみ使用。百合の花を思わせるような、上品な香り立ち。口に含むと、透明感のある華やかな香りが感じられ、上品な余韻がいつまでも続く。ロットナンバーはDJ-2。





今回のお茶は、ルピシアのニューリリース!
フグリ茶園におけるルピシアのプライベートロットですね。見たのは結構久しぶり。
今年のファーストフラッシュは出来がいいので、安定感のあるフグリの様子も見たくて購入しました。



ルピシア ダージリン2022FF ピュグリ茶園AHAANA1

茶葉はこんな感じ。香りはシャープで若々しい印象。
強いスパイス感とグリニッシュさ。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
ルピシア ダージリン2022FF ピュグリ茶園AHAANA3

・寸評


甘い花が目立つ!



※詳細
トップノートは淡い花。白百合を思わせる、品のある白い花のニュアンスが、芯芽やフキのような山菜っぽさとともに感じられる。
ミドルノートは蜜っぽく甘い花香がメイン。ペチュニアやプリムラの花香による明るい雰囲気。冷め始めると爽やかな印象のグリニッシュさが出てくる。さらに冷めると花香と混ざりあってスズランのような清涼感に変化する。
ベースノートは黒文字のようなスパイシーなウッディーさ。
・トップ弱、ミドル強、ベース弱





[味]
ルピシア ダージリン2022FF ピュグリ茶園AHAANA2

・寸評


単純!



※詳細
風味は結構グリニッシュ。ゼラニウムのボタニカルさが続く。
口当たりはフラット。
口に含むと酸味・塩味・ほろ苦さ・甘味が一体となった存在感の強さを感じる。
が、一気に勢いが失われ、ミドルテイストが抜け落ちている。
塩味と苦渋の合わさったじわじわとした旨味を感じてフィニッシュ。後味は少し辛め。しばらくするとミネラルの甘みが出てくる。
・余韻 小
・ボディー ほぼなし 
・苦渋 特に目立ってはいないが強度はそこそこ。ネガティブではない。
・雑味 塩気が鈍く残る程度。ポジティブ。





[総括]
結構尖ったキャラクター!スペシャルティーではある!
が、しかし私にはあまり合いませんでした……。


香りはミドルの花がメイン。AV2特有の百合やらゼラニウムの花香がプンプン香るという感じではなく、そこそこの発酵度があるおかげで様々な花香が感じられるという印象。


香りはまあいいとして、味は飲む人を選びますね。
こいつ、ボディーがほとんどない!
広がりがなく、コクが出来上がる前に終わってしまう……。
雑味は少なく奇麗な感じではありますけどフィニッシュに割と苦渋があるのがなぜに?
せっかく余韻があって美しさで勝負できそうなのに、この構成ではあっけないという印象に映ります。
白茶と紅茶をごちゃまぜにしたようで、バランスが滅茶苦茶!不思議な飲み心地になっています。


変わったキャラクターではあるものの、一発ネタに払うにしては高価だな……ということで評価は低め。
同じ価格で選ぶなら、シンブリムーンシャインの方が間違いなしだと思いました!


ルピシア ダージリン2022FF ピュグリ茶園AHAANA4

こんな方にオススメ!
風変わりなものが飲みたい方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: