fc2ブログ

記事一覧

HOJO 雲南古樹紅茶 杏蜜香(2回目)

HOJO 雲南古樹紅茶 杏蜜香
価格:756円/20g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並~高 評価:★6





HOJO 雲南古樹紅茶 杏蜜香21
商品説明:
東方美人のような蜜香と、ウバ紅茶や紅玉紅茶のような爽やかなメンソール香が両方つまった贅沢な紅茶。





雲南紅茶2つ目はHOJOの杏蜜香!
懐かしいですねぇ。今見たら1回目の記事を書いたのは3年前らしい。
あの時は多煎抽出をしていませんでしたから、こうして一度飲むことにしました。
流石に細かいところは忘れていますし、初めて飲んだ体で書いてみますね。





HOJO 雲南古樹紅茶 杏蜜香22

茶葉はこんな感じ。香りはスパイシーな旨みとメントールのような爽快感。
茶葉量2.0g、湯量40mL、熱湯の多煎抽出。1煎目は20秒、以後は1煎ごとに10秒プラスしました。





[簡易評価]
HOJO 雲南古樹紅茶 杏蜜香25

※詳細
・1煎目:抽出時間20秒
香りはミドルノートがメイン。メントールと黒文字のようなスパイシーさが清涼感を産んでおり、本みりんのような上品な甘い香ばしさが続く。
風味はモルティー。
口当たりは瑞々しい。余韻は小、ボディーはほぼなし。
甘味と酸味が穏やかに感じられるトップテイスト。ミドルでは塩味と弱い苦渋によって軽い収斂味を感じる。金属感がややざらついて雑味に捉えられる旨味でフィニッシュ。後味にはドライな甘みが残る。

・2煎目:抽出時間30秒
ペチュニアのような甘い花と蜜っぽさをメインに感じ、品のある甘い香ばしさが続く。
風味は弱いモルティーさ。
口当たりは穏やか。余韻は微小、ボディーはなし。
甘味をベースにして、酸味と苦渋による重さが無刺激で感じられるトップテイスト。
ミドルでは塩味混じりの旨味が現れ、酸味と絡んで少しシャープなコクを感じられる。
ほろ苦さと甘やかな塩味でフィニッシュ。

・3煎目:抽出時間40秒
香りはドライな枯感の中にうっすらと甘さ、スパイシーさ。
口当たりは水っぽい。
甘味によって全体が柔らかくなっている感じ。ほのかな酸味、苦渋による存在感はあるものの主張は弱い。ほろ苦さと塩味でフィニッシュ。

・4煎目:抽出時間50秒
香りはなし。
微妙に酸味と苦味の混ざったお湯という印象。






[総括]
香りは突出した個性!
花とスパイスに彩られたモルティー香が強く香り、甘い蜜っぽさもあってとても複雑ですね。

味は余韻がある点はgood。苦渋の重さが割とあり、ミネラル感もちょっと荒いため奇麗な味わいが好きな方には
合いにくいかもしれません。
雰囲気としてはボディーが弱いアッサム紅茶を複数煎飲んでいる感じ。飲みごたえはなかなか強く、満足感は十分得られるお茶だなと感じました!




・香り(1~3煎目)
HOJO 雲南古樹紅茶 杏蜜香24


華やか!




・味(全体評価)
HOJO 雲南古樹紅茶 杏蜜香23


バランス良くパワーあり!




こんな方にオススメ!
香りの華やかなお茶が好きな方!
飲みごたえのあるお茶が好きな方!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: