fc2ブログ

記事一覧

TeaGardenia ダージリン2022FF UPPER NAMRING SPRING GLORIA

TeaGardenia ダージリン2022ファーストフラッシュ UPPER NAMRING SPRING GLORIA
価格:30.4ドル/50g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:低 評価:★4





TeaGardenia ダージリン2022FF UPPER NAMRING SPRING GLORIA
商品説明:
Teagardeniaのために作られた小ロット。ミディアムボディーで、花とフルーツに彩られたキャラクター。始めはゼラニウムのような花香、花を覆うほのかなグリニッシュさが深みのある香りを作り出している。熟したマンゴーのあと、クリスピーな花と柑橘の風味が感じられ余韻として残る。





今回のお茶は、おまけでくっついてきたナムリンアッパー!
ロットナンバーは不明ですが、最後の方に出てきた……というのを匂わせる説明があったのでシーズン終わりに作られたものかもしれません。ナムリンは最初のナンバーの方がクオリティーが高いので、一桁番ならそれを知らせないわけがありませんしね!





TeaGardenia ダージリン2022FF UPPER NAMRING SPRING GLORIA1

茶葉はこんな感じ。香りはドライな枯れ感、スパイシーな香ばしさと花蜜。ファーストフラッシュらしいイキイキとした香りですね!
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
TeaGardenia ダージリン2022FF UPPER NAMRING SPRING GLORIA3

・寸評


花・グリニッシュさが鮮やかに香る!



※詳細
トップノートは白百合を思わせる上品な白い花。かすかな穀物の旨み、花蜜のニュアンスが続いて香ばしさも感じられる。
ミドルノートは新鮮かつクリスピーな香ばしさ。グリニッシュさに枯れ感が混ざってキレのある印象。ペチュニア・サザンカの花香が残り、冷めるにつれて火香からくるスパイス感+稲わらのような旨みが強くなる。
ベースノートはドライな香ばしさ。
・トップ強、ミドル強、ベース弱





[味]
TeaGardenia ダージリン2022FF UPPER NAMRING SPRING GLORIA4

・寸評


重いけど味気ない!



※詳細
風味は穀物の旨み。
口当たりはフラット。
口に含むとぼんやりとした旨みと塩気を感じ、特に主張もなく流れていく。
その後、酸・渋の重い渋さが現れる。
少しピリつく塩辛さを感じつつフィニッシュ。後味はドライ。
・余韻 微小
・ボディー ミディアム寄りのライト
・苦渋 苦みはないが渋みが重すぎる。ネガティブ。
・雑味 かなりざらつき辛みがある。ネガティブ。





[総括]
香りは良い感じです!
AV2オンリーかどうかはちょっと微妙……B157も入っていそうですが……とにかく!花香と穀物感が感じられパワーに満ちたファーストフラッシュらしさを感じられる点はポイントが高いですね。
ドライさも鼻に付くほど強くないのでバランスもOK。

しかし、味が残念……。
何というか平坦です。
甘みや塩味の主張が極めて弱く、その代わりに渋みが目立っています。
別にキツイわけではないので、これは本来ならキレとして感じられるのでしょうけど……コクがないせいでいきなりエッジによって打ち切られたかのような飲み心地になっています。

同じGloriaでも、Darjeeling Tea Boutique扱いのものとは質の差が凄いですね……。
「いくら香りが良くても、味がダメなら美味しくない」というサンプルとしての価値はあるかも?


TeaGardenia ダージリン2022FF UPPER NAMRING SPRING GLORIA5

こんな方にオススメ!
なし!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: