fc2ブログ

記事一覧

ルピシア ダージリン2022SF キャッスルトン茶園

ルピシア ダージリン2022セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園
価格:2800円/30g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:低 評価:★6.5





ルピシア ダージリン2022セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園
商品説明:
バイヤーオススメ品。マスカットを思わせる甘い果実香が立ち上る。軽やかでスムースな飲む心地ながら、味わいは厚みがありふくよか。華やかで長い余韻が楽しめる。ロットナンバーはDJ-156。





さて、今回のお茶は、ルピシアのニューリリース。
まずはキャッスルトンから!
バイヤーオススメ品でマスカテルがあるっぽいキャッスルトンってかなり珍しい気がしますね。
大抵キャッスルトンのセカンドフラッシュでバイヤーオススメ品になるのはムーンライトですし。
これは期待が持てそうです。





ルピシア ダージリン2022セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園1

茶葉はこんな感じ。
香りはフルーツタルトのような甘い香ばしさ。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
ルピシア ダージリン2022セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園3

・寸評


明るく甘いキャラクター!



※詳細
トップノートは微妙な強度で感じられる、蜜っぽい枯れ感。
ミドルノートはスグリのようなほどよくフレッシュ感のある赤いフルーツのニュアンス。ウッディーさとスパイシーな枯れ葉が軽快に感じられ、サザンカのような花香がぼんやりと続く。冷めてくるとヘーゼルナッツのようなニュアンス。全体的に明るく香ばしい雰囲気。
ベースノートは花蜜、ナッツの殻。冷めると甘さがアップしマスカテルフレーバーを感じる。
・トップ弱、ミドル強、ベース中





[味]
ルピシア ダージリン2022セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園4

・寸評


軽やかだが、パンチはある!



※詳細
風味は少しフルーティーなニュアンスを帯びた枯れ感。戻り香は穀物っぽい香ばしさ。
口当たりは瑞々しい。
酸味、ほろ苦さ、塩味による軽やかな液の流れを感じるトップテイスト。
ミドルでは酸・渋からくる凝縮感と、旨味を伴う塩味・苦味によるコクを感じる。
少々辛さのあるドライな塩味が続き、ジワリと甘味を感じてフィニッシュ。後味もドライ。
・余韻 なし
・ボディー フル
・苦渋 きつくはないが主張のある苦味とエッジとしての渋味があり力強い。ポジティブ。
・雑味 塩気によって苦渋が後に残る感じ。ドライではあるがネガティブではない。





[総括]
香りはキャッスルトンにしては焙煎香の主張が控えめでかなり明るい印象を受けます。第一印象ではシーヨクっぽいと感じました。

もちろん香ばしさはあるのですが、あからさまに火!ナッツ!という感じではありません。ウッディーさを基本にし、ちょっとフルーツっぽさや花っぽさがくっついた感じ。
また、マスカテルフレーバーはちゃんとありますね。どちらかといえば華があって、ベリーっっぽい甘さを感じられます。

香りもそうですが、やはり味わいも少し軽めで、発酵度が抑えてある印象を受けます。
ただ、流石のキャッスルトン。軽いくせに後から苦渋だけがズシンときます。
緩急があると言えばそうですが、いきなり苦渋だけが浮き彫りになって見えるのはちょっと違和感。

重々しいわけではないので飲みやすさはあるものの、バランスが良いのかは微妙なところ。
しかし、ライトなキャッスルトンで個性的ではありますね。
また、ほぼ商品説明通りなので、期待には応じてくれています。
製品としては良いものだと感じました!


ルピシア ダージリン2022セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園2

こんな方にオススメ!
比較的明るく軽めのダージリンが欲しい方!





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: