fc2ブログ

記事一覧

ルピシア ダージリン2022SF セリンボン茶園

ルピシア ダージリン2022セカンドフラッシュ セリンボン茶園
価格:3400円/50g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:低~並 評価:★4





ルピシア ダージリン2022SF セリンボン茶園
商品説明:
プラムなどの赤く熟れた果実を思わせる香り。少し青みを残しながらも甘み豊かな、バランスの優れた味わい。とろりと滑らかな口あたりと、ふわりとした甘い余韻。ロットナンバーはDJ-61。





今回のお茶は、セリンボンのセカンドフラッシュ!
他のお店には入っていないようですし、2022のロットが欲しければ今のところこれ一択みたいですね。



ルピシア ダージリン2022SF セリンボン茶園1

茶葉はこんな感じ。
香りはナッツのニュアンスのある、軽やかで明るい雰囲気の枯れ葉。少々の乾草。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
ルピシア ダージリン2022SF セリンボン茶園4
・寸評


ちょい軽い雰囲気!



※詳細
トップノートは木くずを思わせる軽いウッディーさと、メローな雰囲気を帯びた火香。
ミドルノートは少々海藻っぽい、青みと旨みのある枯れ感。こんがりとした火香とともにサンザシ、スグリのような甘酸っぱいフルーティーさが続く。冷めるとウッディーさとともに弱いカラメルの甘さが感じられる。
ベースノートはオークのようなウッディーさ、レーズン。冷めるとそれらが合わさりムスクとして感じられる。
・トップ中、ミドル強、ベース弱





[味]
ルピシア ダージリン2022SF セリンボン茶園2

・寸評


荒い!



※詳細
風味は少々コゲ感のある枯れ葉・ウッディーさ。
口当たりはまろやかだが、舌には刺激あり。
塩味と酸味がほどよく感じられ、濃厚な甘みとともに広がるマイルドなトップテイスト。
ミドルではピリ付く苦味が舌の上に感じられ、渋みも相まって苦々しいアタックを感じる。
旨味と塩味が現れ、少し尖りが落ち着きフィニッシュ。後味はドライな旨み。
・余韻 微小
・ボディー ミディアム
・苦渋 強すぎる、ネガティブ。
・雑味 ざらつく辛みアリ。旨みでもあるが、ネガティブな要素の方が強い。





[総括]
香りは円熟感半分、若さ半分といった具合ですね。
熟したフルーツのニュアンスを帯びたウッディーさがしっかりと香ります。
フルーティーな要素はあるものの、マスカテルに達するほど強さや甘さがあるわけではないという印象を受けました。

味については、ひと口目は結構良い印象を受けました。
濃厚さのある甘味とほどよくジューシーな感覚!これぞチャイナセカンドフラッシュの醍醐味だ!……と。
だがしかし、2口、3口と飲むにつれて雲行きが怪しくなってきます。
苦い。
渋みはそんなに強いわけではないのですが、刺激レベルで苦味が主張してくる!
一応旨みなどで多少カバーされていますが、それでも美味しく飲むのはちょっと厳しいように感じます……。

4分に蒸らし時間を減らせば飲みやすさはアップ。
苦さはゼロにはなりませんが、焼け付いたカラメルみたいな……甘みと苦みとがバランス良く感じられるようになります。
ただし、香りの勢いと味のパワーが落ちて、安価な紅茶みたいな雰囲気になってしまいますね。


というわけで、バランスはあまり良くないと感じます。
取ろうと思えばとれるけれど、それで魅力が出てこないのはバランスが良いとは言えないと思いますし。
完成度の低さゆえに評価は少し低めです。


ルピシア ダージリン2022SF セリンボン茶園3

こんな方にオススメ!
なし!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: