fc2ブログ

記事一覧

ルピシア ダージリン2022SF サングマ茶園

ルピシア ダージリン2022セカンドフラッシュ サングマ茶園
価格:3200円/50g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:低~並 評価:★4





ルピシア ダージリン2022SF サングマ茶園
商品説明:
重厚感や凝縮感がしっかりとありながら雑味のない風味。長く深い余韻が、全身にじんわりと広がるような深い満足感を与える。ロットナンバーはDJ-111。




今回のお茶は、サングマのセカンドフラッシュ!
香りについての説明がなしなのでマスカテルには期待できそうにありません。
ただ、その分味についてはいろいろ書いてあるので、美味しさに期待することにしました。





ルピシア ダージリン2022SF サングマ茶園1
茶葉はこんな感じ。
香りは軽やかな枯れ感。少し揚げ物っぽい旨みあり。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
ルピシア ダージリン2022SF サングマ茶園4

・寸評


心地よい枯れ葉の香り!



※詳細
トップノートはほんのりと蜜っぽい甘さを感じられる火香。
ミドルノートは焼けたウッディーさがほどよく感じられ、枯れ葉の香ばしさが続く。火香中心だが、ダークな雰囲気はなし。冷め始めると少しシャープさを帯び、微妙にサンザシっぽい酸っぱさが現れる。また、枯れ感はナッツのようなニュアンスを帯びてくる。
ベースノートはロースト感。
・トップ弱、ミドル強、ベース中





[味]
ルピシア ダージリン2022SF サングマ茶園3

・寸評


「重い」が「濃厚」ではない!



※詳細
風味は軽やかな枯れ葉。
口当たりは瑞々しい。
酸味とほろ苦さを甘味が優しく包んでいるように感じられるおとなしいトップテイスト。
ミドルではどっしりとした渋味が現れ、塩味を伴って鈍い旨みとして感じられる。
じわじわとほろ苦さが広がり、渋みの重さを感じつつフィニッシュ。後味には少し甘じょっぱさを感じる。
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 重量感を作っている。ポジティブ。
・雑味 塩、苦さが残るがトゲトゲしさはなし。ネガティブではない。





[総括]
香りはまずまずといったところ。
これと言って個性が際立っているわけではありませんが、火の入りがちょうどいいですね。
ドライ過ぎずダーク過ぎず、香ばしさがふんわり漂う様はなかなか心地良いと感じられます。

そして味なのですが、うーん……可もなく不可もなく。
最初はちょっと優しくて、フィニッシュに渋みが割と強めに来る……という感じで展開されます。
ボディーが比較的軽いのもあるのですが、ミドルテイストが弱いように感じますね。
もっとこう……コクが、ジューシーさが、旨味が。なんかないか!?
といった具合。

大ハズレというほど酷くはありませんが、強みがこれと言ってないのが厳しいですね。
はじかれるサンプル用ロットに毛の生えたレベルで、飲めば飲むほど「微妙」の二文字が頭の中で膨らんでいきます。


ルピシア ダージリン2022SF サングマ茶園2

こんな方にオススメ!
なし!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: