fc2ブログ

記事一覧

茶清心 東方美人茶 2007

茶清心 東方美人茶 2007
価格:300円/2g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★6.5





茶清心 東方美人茶 20073
商品説明:
産地は台湾新竹県北埔郷。正統派でヴィンテージワインのように、長期にわたり熟成して変化する味わいを楽しめる東方美人。






今回のお茶は、いただき物の茶清心の東方美人。
既にレビューした2011年産よりもさらに4年前のロットになります。
ここまで昔の東方美人というのはなかなか売られているのを見ませんね。



香りは強い陳年香。黒酢を思わせる酸と香ばしさ。
茶葉は1g量り取り、湯量25mL、熱湯で多煎抽出。。1煎目は50秒、2煎目は45秒、以後は1煎ごとに10秒プラスしました。





[簡易評価]
茶清心 東方美人茶 2007

※詳細
・1煎目:抽出時間50秒
レーズンを思わせるシャープかつヒネたフルーツの。陳年による酸のニュアンスが非常に目立ち、その後にメローな蜜香が続く。
風味はブドウの皮、ウッディーさ、少々アルコールっぽいヒネ。ブランデーのような雰囲気。
口当たりは瑞々しい。余韻はなし、ボディーもなし。
ほのかな甘味と塩味を感じるトップテイスト。
ミドルでは酸味が加わり、マイルドで甘じょっぱいコクを感じられる。舌先にエッジを感じつつ、甘やかな塩味が後味に残る。

・2煎目:抽出時間45秒
ヒネ香と共に赤ブドウのフルーティーさが初めに香る。火香が落ち着いてくるとウッディーさと共に円熟感のあるブドウ系の蜜香が感じられる。
風味は強い枯感とウッディーさ。
口当たりは瑞々しく穏やか。ボディーはなし。
1煎目よりも味に厚みが出て甘味が強化された。
酸味とほのかな渋味に、塩味が絡んだ品のあるコクが感じられる。甘やかな塩味でフィニッシュ。

・3煎目:抽出時間55秒
トップは赤ブドウ系のニュアンスのあるメローな蜜香。ミドルは甘くドライなシナモンのような香ばしさと、ウッディーさのある火香。
口当たりはマイルド。
甘味と塩味が合わさった軽快なトップテイスト。ミドルでは酸味と塩味によるジューシーなコクを感じる。ほんのり甘い塩気とさっぱりとしたエッジでフィニッシュ。

・4煎目:抽出時間65秒
香りは微妙にシャープで香ばしい。カラメルっぽさ。
口当たりはまったり。
トップの主張は薄れている。微かな甘さの後、キレのある酸味が感じられ、酸味と渋味が続く。後味は少しドライ。

・5煎目:抽出時間75秒
香りは少し香ばしい。後からヒネとブドウっぽさが少し感じられる。
口当たりは瑞々しい。酸味と渋味による軽いエッジがメイン。塩味がちらつき、味に厚みはあるがかなりお湯っぽい。

・6煎目:抽出時間85秒
香りは微かに香ばしい。
少しエッジがあって、ドライな雰囲気のお湯。





[総括]
ヒネと火香がよく目立ち、ウッディーさがしっかりと感じられます。
蜜香がドーンと香るというよりは、フルーティーさの良く出た肉桂烏龍茶のような雰囲気ですね。
2011年ロットよりも、キャラクターがハッキリとしています。
ガッツリめに火が入っていて、フルーティーさを目指したお茶というのはダージリン、タンソウ、蜜香紅茶など様々ある。ダージリンは例外的ですが、火が強いお茶は熟成向きですし、これが正統派だ……と言われるとしっくりきます。

味の厚みは少し弱いですが、ほどよくキレがあって飲み心地は良い感じ。
ただ、ちょっと紅茶っぽい力強さがあるため、煎を重ねると雑味が出やすいのだけは惜しい。

荒い分、陳年烏龍茶としての出来は2011に劣るものの、東方美人としてのランクはこちらの方が上かなと感じました!

・香り(1~3煎目)
茶清心 東方美人茶 20071


なかなかフルーティー!




・味(全体評価)
茶清心 東方美人茶 20072


バランス良しだが少し荒い。




こんな方にオススメ!
フルーティーな香りが好みの方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: