fc2ブログ

記事一覧

嗣人 手摘み紅茶 東吉野 2022

嗣人 手摘み紅茶 東吉野 2022
価格:1500円/10g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:やや低~並 評価:★7





服部嗣人 手摘み紅茶 東吉野 2022
商品説明:
使用品種はやぶきた。産地は奈良県東吉野。手摘み手揉み製造。口に含むとフルーティーで馥郁とした香りと甘みが広がる。





今回のお茶は、「行けないけどちょっと見てみよう」とたまたま紅茶フェスティバルの参加者をサーチしていた時に見慣れぬ生産者を見つけてチェックしてみたもの。
茶師本人の名前がそのままブランド名になっていて、放棄茶園を利用して農薬を極力使わないお茶を作ることにこだわっているらしい。
茶葉も製茶もとても手間をかけて作られているようです。






服部嗣人 手摘み紅茶 東吉野 20221

茶葉はこんな感じ。
香りは少しシャープな旨みのある火香。
中国紅茶に近い雰囲気の香りですね。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
服部嗣人 手摘み紅茶 東吉野 20223

・寸評


素朴な甘さ!



※詳細
トップノートは蜜っぽい甘さと火香の合わさった香ばしさ。
ミドルノートでも甘さを感じ、香ばしさはドライへと変化。材木を思わせるウッディーさと生竜眼に近い甘い円熟感。
ベースノートは弱いロースト感とカラメルの甘さ。
・トップ弱、ミドル強、ベース弱





[味]
服部嗣人 手摘み紅茶 東吉野 20222

・寸評


奇種っぽい。



※詳細
風味は控えめなカラメル香。
口当たりは瑞々しく滑らか。
酸味と塩味がかすかに感じられるだけで、極めて控えめな飲み心地。
ミドルではミネラル感がメイン。酸味が一番目立っているが、ミネラル感と絡んで旨みを感じ甘さがしっかりとしている。
僅かなエッジとともにじわじわとしたミネラルの主張が後味にまで続く。
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 フィニッシュに酸味とともに少しだけ渋みがある。苦みはゼロ。
・雑味 酸味主体の雑味はあるが、ほぼ旨みと同化していてネガティブではない。





[総括]
紅茶フェスに出て受けがいいのかは少し疑問。
しかしエコ茶会だったら評価されるでしょう……という感じのお茶です。
和紅茶としてかなり尖っている作りをしています。

香りの甘さとネガティブではないちょっとした酸雑味が、やぶきたらしい。
和紅茶ではあるなと感じられる個性は持っています。

そのほかは実生系の、ナチュラルな香味。
ただ、野生と言えるほどのクリアさはなし。
ミネラルはたっぷりでコクが結構強いという強みがあるともいえます。雑味が尖っていない上手な作り方をしているのが良い方向へ働いていると言えますね。

ミネラル感が味の大半を占めているので、それが好みかどうかで飲む人を選ぶお茶になっています。
中国茶好きになら「面白いやぶきた紅茶だ!」とオススメできると感じました!


服部嗣人 手摘み紅茶 東吉野 20224

こんな方にオススメ!
滋味が好きな方!
中国紅茶が好きな方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: